ゲンロンβ75|編集長=東浩紀

収録記事を読む

2022年7月31日[日]発行
1|本田晃子 フェイクVS.フィクション──『ドンバス』が描く寓話
セルゲイ・ロズニツァ監督がウクライナ東部のロシア軍占領地域を描いた映画『ドンバス』。フェイク・ニュースの撮影風景から始まる同作での虚構と現実の関係を、グロテスクや不条理といった要素にも注目しながら論じます。
2|さやわか 愛について──符合の現代文化論 番外編 意味はどこに宿るのか──ゲルハルト・リヒター展評
国立新美術館で開催中の「ゲルハルト・リヒター展」。90歳をむかえたリヒターのキャリアの総決算ともいえる展覧会ですが、さやわかさんは歴史よりもむしろ現代性を感じたといいます。リヒターを読みとくことで、現代のメディア環境をあぶりだします。
3|村山久美子 つながりロシア 第20回 ロシア・バレエ~ソ連時代から現在までの歩み
古典バレエの王国ともいわれるロシアですが、20世紀以降もさまざまな実験が行われてきました。アヴァンギャルドから反動、雪解けと、時代の荒波のなかで創造されてきたロシア・バレエに村山さんが光を当てます。
4|河野至恩 記憶とバーチャルのベルリン 第6回 2022年のベルリンと鷗外(前篇)
作家個人への関心から距離をおいた文学研究である都市論。その格好の題材になってきたのが森鴎外の作品です。没後100年をむかえた森鴎外とコロナ禍を乗りこえたベルリンの森鴎外記念館を描いたエッセイ。
5|プラープダー・ユン ベースメント・ムーン 第6回
ネットワークから切り離された孤独が最高の贅沢だという2069年のタイ。任務のため、タイのホテルに滞在する虚人ヤーニンと、彼女にインストールされた写識ムル。二人の意識と記憶が交差する、連載小説第6話。
表紙写真:ゲンロンからの新刊2冊の書影。星野博美著『世界は五反田から始まった』とユク・ホイ著『中国における技術への問い──宇宙技芸試論』(伊勢康平訳)。前者は五反田のいち家族の物語を通じて東京の歴史のあらたな一面を照らし出すエッセイ。後者は中国という「地域性」を起点に新しい世界史への糸口を開く学術書。ジャンルや内容こそ違えど、どちらもローカルなものやミクロなものが開く豊かな回路に気づかせてくれる。撮影=編集部

3 コメント

  1. 『ゲンロンβ75』へのみなさまのコメントをお待ちしております。
    2022年8月14日(日)までにいただいた投稿は、『ゲンロンβ』の読者プレゼントの抽選対象となります。
    ふるってご感想をお寄せください。

  2. “愛について──符合の現代文化論 番外編
    意味はどこに宿るのか──ゲルハルト・リヒター展評”
    を読んで。

     絵なのか写真なのか、今自分が見ているのは一体何なのか。明確に判別できないものと対峙すると、意識が自分の内側に向かいだす感覚があります。私はまだ展覧会に行けていない!!のですが、「ビルケナウ」の展示方法を想像すると、そこでの体験は「写真」「絵画」「コピー」といった多様に状態の移ろう作品に囲まれながら、自分と向き合うような経験なのかなと想像しました。リヒターの作品を見ているのか、自分と向き合っているのか。
    作品の意味はそれを見る人の中(見る人自身がどう感じるのか)にしかないのかもしれなくて、もしそうなのであれば、鑑賞者自身が何を感じているのかを自ら顧みるように仕向けることこそが、彼の作品の意図の一つなのかもしれないと感じました。展覧会にすごく行きたくなるテキストでした!

  3. 1.【特別掲載】フェイクVS.フィクション――『ドンバス』が描く寓話 本田晃子 

    「ドンバス」で描かれる、フェイクニュースの制作スタッフが後に殺害され「撮影する主体」から「撮影される客体」へと正に暴力的に転化させられる描写に戦慄する。
    真/偽の裏に生/死の対立が背中合わせに接している想像が掻き立てられる。
    フェイクの後ろ盾が死というリアルと直結するのであればこれほど笑えない冗談は無い。

    2.愛について──符合の現代文化論 番外編 意味はどこに宿るのか──ゲルハルト・リヒター展評 さやわか

    ゲルハルト・リヒターが用いたゾンダーコマンドが撮影した写真を画像検索してみると検索結果には凄惨な画像が表示される。しかしどうだろうか。アウシュビッツという強烈なワードが付与されてこそこの写真に意味付けされるのであれば、それを知らなければ単なる「ネットのグロ画像」になってしまうかもしれない。
    「ビルケナウ」で描かれる陰鬱なノイズの様な不鮮明な作品が、対峙する写真やアウシュビッツを冠して符号の暴力を受け入れた時に初めて鑑賞者に図像として複製が生産される語り方は、悲劇から77年を経て物語る一つの方法なのだろう。

    3.つながりロシア 第20回 ロシア・バレエ──ソ連時代から現在までの歩み 村山久美子

    政権が変わりダイナミックに揺れる政策に翻弄される芸術表現はバレエにも及び、脱伝統を旗印に前衛的な内容や表現の開発を余儀なくされる。そこから踊りの基礎であるトレーニング・メソッド「タフィヤトレナージュ」も同時に編み出されたという出来事には納得と驚きを感じた。
    そこには労働者と結びつく「機械」がコンセプトとなっており、怪我の功名と言って良いのかはわからないが、ソ連におけるバレエの伝統の生存を賭けた試行錯誤が窺い知れて感動的な印象を受けた。

    4.記憶とバーチャルのベルリン 第6回 2022年のベルリンと鴎外(前篇) 河野至恩

    原文は難読であると聞き、手に取るのに躊躇していた森鴎外の著作や翻訳だが、都市論として読み解く方法があるのを知り興味が湧いた。
    当時の洋行といえば岩倉使節団や堤康次郎まで国家の大事業を背負った人達が気勢に溢れロマンに満ち積極的に海外の文明を吸収しようとしていたことはよく知られる。森鴎外が残した功績により後世が足跡を辿って語り継がれる仕事をやってのけた事に感服せざるを得ない。

    5.ベースメント・ムーン 第6回 プラープダー・ユン

    「プライバシーは金よりも高価だ。」という一文と、富裕層でも広告から逃れられるのは僅かな時間しかないという一文にはハッとさせられた。動画サイトやSNSで富裕層になった人達もプラットフォームや広告からは逃れられず、常に排除を恐れ、ソーシャルなネットワークに接続される事を暗に強制される。

コメント欄に表示する名前を入力してください。
コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

関連記事