荒俣宏と田中康夫を通してみた東京|速水健朗

初出:2016年7月8日刊行『ゲンロンβ4』

 本を書き終わった直後は、なぜこれを書かなかったのだろうという後悔期がやってくる。『東京β』『東京どこに住む?』という2冊を書き終えて、まさに今はそんなモードだ。

 新潟という裏日本の典型的な中規模地方都市で中高時代を過ごした僕は、それなりに東京に対する憧れを持っており、それこそ上京した当初は、不慣れなこの街をあれこれ歩き回った。そのとき参考にした作家が2人いる。荒俣宏と田中康夫である。

 普通なら同じ個人の本棚には並びにくいはずの2人だが、僕の本棚にはこの2人が共存していた。いや時代的に見れば、この2人は同時に読まれてもおかしくない存在だ。むしろ、1980年代前半から半ばにかけての東京を、たっぷりの虚飾をつけて想像力豊かに描いた作家として、並べて論じるべきではないかということに最近気がついた。それは、『東京β』において書くべきことだったかも知れない。

『東京β——更新され続ける都市の物語』(筑摩書房、2016年)

 25年前、上京した18歳の僕が最初にわざわざ出かけていった東京のスポットは、大手町の平将門の首塚だった。荒俣宏の大長編小説『帝都物語』のスタート地点であり、物語上、何度も立ち返ることになる重要な場所だ。小説は明治末期に始まる。風水などの妖術で帝都東京を壊滅させようと目論む、強力な霊力の持ち主であり帝国軍人でもある加藤保憲が登場。小説最初期の主人公で大蔵官僚の辰宮洋一郎もそこにいるが、なんと物語は、この2人のキスシーンから始まる。『帝都物語』の始まりは、BL伝奇小説だったのだ。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1973年生まれ。フリーランス編集者・ライター。著書に『ケータイ小説的。 〝再ヤンキー化〟時代の少女たち』(原書房)、『ラーメンと愛国』(講談社現代新書)、『1995年』(ちくま新書)、『フード左翼とフード右翼』(朝日新書)、『東京β』(筑摩書房)、『東京どこに住む?』(朝日新書)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他

関連記事