演劇とは「半々」である──『ブルーシート』と虚構の想像力(後篇)|飴屋法水+佐々木敦

初出:2016年7月8日刊行『ゲンロンβ4』
 本稿は飴屋法水さんと佐々木敦さんの対談「演劇とは『半々』である——『ブルーシート』と虚構の想像力」から、一部を抜粋して掲載するものです。本対談は、今年4月にゲンロンカフェにて開催されたトークイベント、「ニッポンの演劇 #3 なにが演劇なのか——パフォーマンスの『正体』をめぐって」★1をもとに構成されたものであり、対談の全文は、2017年6月に刊行された『ゲンロン5』演劇特集「幽霊的身体」に掲載されております。ぜひこちらもご覧ください。(編集部)※本記事は前後篇の後篇となります。前篇はこちら。前篇は下のボタンからお読みいただけます。
前篇はこちら

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1961年生まれ。演出家・劇作家。1978年、唐十郎の「状況劇場」に参加。1983年「東京グランギニョル」結成、演出家として独立。その後、発表をレントゲン藝術研究所など美術の場に移す。1995年にアニマルストア「動物堂」を開業、動物の飼育と販売に従事しながら、「日本ゼロ年」展(1999年)などに参加。2007年、平田オリザ作「転校生」の演出で演劇に復帰。2014年、『ブルーシート』で岸田國士戯曲賞受賞。著書に『彼の娘』(2017年)など。

+ その他の記事

1964年生まれ。HEADZ主宰。文学ムック「ことばと」編集長。著書多数。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他

関連記事