批評再生塾定点観測記(1) 導入・批評・媒体|横山宏介

初出:2016年8月12日刊行『ゲンロンβ5』

 自己紹介から始めよう。私は〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉第1期の修了生で、ここで「観測」される2期生たちの先輩にあたる。ゲンロンが主催する「ゲンロンスクール」のひとつである批評再生塾は、批評家の佐々木敦を主任講師に迎えた、新たな批評の書き手/読み手の育成を目的とするプログラムだ。私は昨年度にその課程を終え、今期の模様を観測・報告するという任を与えられ、こうして文章を書いている。

 ところで、「先輩」というのは奇妙な立場である。教師でもないのに偉そうで、同級生でもないのに馴れ馴れしい。かといって、完全な部外者でもないので邪険にもできない。先輩に対してタメ口か敬語かという葛藤は、その距離感の危うさをあらわしている。

 その危うい距離感は、批評家という立場のそれに似ている。

 僕は、批評は「外から目線」だと思う。批評は常に、内輪の言説にどうやって抗うかが命で、どのジャンルに対しても、外からの視線を持とうとすることが重要だ。けどそれは、そのジャンルと無関係に、無責任に外側からやって来て、中で起きていることを面白がって書き、飽きたら出て行くということではない。

 これは第1期の初回講義における、佐々木の言葉だ。批評家は「内輪」には属さないが、決して「無関係」な、完全な外野ではない。そんな内側でも外側でもない「外」とはまさに、先輩が属する微妙な領域である。だからここでは批評再生塾第2期の模様を、先輩=批評家の奇妙な立ち位置から、外に/内に向け発信していく。その身振りは、多分に「偉そう」なものになるだろうが、ご笑覧いただければ幸いである。

 その前準備として、批評再生塾の概要を紹介しよう。基本的には「課題提出」と「講義&プレゼン」がセットになった得点レースである。まず、毎回1人招かれるゲスト講師★1から出された課題が、web上で発表される。総勢40名の塾生たちは、これに応える4000字程度の批評文を、2週間以内に提出する(この時点で提出者には提出点1点が付与される)。

 期日の翌週には「講義&講評」がある。前半はゲスト講師による講義であり、後半では事前に佐々木が選出した優秀論文の筆者3名が、自身の論稿の特長をプレゼンテーションする。提出論文にそのプレゼンの出来を加味し、10+その回の未提出者数の点数が、佐々木とゲスト講師により登壇者3人に割り振られる。ニコ生で無料放送されるこのプレゼンは、批評再生塾の醍醐味である。塾生は衆人の、そして講師の目に晒される中、圧に負けず説得的な発表を行わなくてはならない。講師からは、歯に衣着せぬ評価と質問が飛び、順位が画然と決する。塾生にとって得難い体験であるのはもちろん、緊迫した雰囲気での応答は、ショーとしても非常に面白い。

 このセットが10ヶ月で15回繰り返され、総合点により順位が決定される。講義を除く全てのプロセスは、Web上で誰にでも追えるようになっており★2、この文章はそれらのコンテンツへの橋渡し兼補遺にあたる。

 と、紹介はさしあたりこれくらいだ。百聞は一見にしかずという言葉もある。今期の批評再生塾の内側では、実際になにが起こっているのか、報告に移ろう。

第2回「批評再生塾第1期を総括せよ」!

 先輩は驚いている。第1期と同じく東浩紀がゲスト講師を務めた第2回講義(第1回は佐々木による導入のため、課題提出が求められる講義としては初回)が、にもかかわらず第1期とまるで違っていたからだ。批評再生塾第2期は、初めから高レベルだったのである。

主任講師の佐々木敦(右)とゲスト講師の東浩紀(左)。前半の講義では批評の再生とはなにを意味するか、対象とどう向き合うかなど、活発な対話が交わされた

 変化の予兆は、東の出した課題にもすでにあった。第1期の課題が「ポスト昭和はどこにあるのか」★3という抽象的なものだったのに対し、今期は「批評再生塾第1期を総括せよ」★4。すなわち、第1期総代の吉田雅史・次点の上北千明の論文★5を読み、それ(を選んだ批評再生塾自体)を批評せよという極めて具体的なものだった。

 これは第2期の課題の方がイージーだった、ということを意味しない。論じる対象を選べた第1期に比べ、今回は対象が固定され、かつそれ自体が批評文である。つまり批評の素養がなくては、文章を書くことはおろか、対象を読むこともままならないわけだ。実際、提出された34本(未提出者6名)の中には批評の形になっていないものが散見され、それらは等しく対象文の読解も稚拙だった。

 だが繰り返せば、第2期は概して高レベルであった。上位3名に選ばれた福田正知、谷美里、横山祐(名簿=プレゼン順)の論稿★6を一読すれば、それぞれ既に魅力的な文章であるのが分かるだろう。福田と横山の2人は批評再生塾の前身「批評家養成ギブス」の受講生であり、やはり批評の知見がアドバンテージとなった形だ。

 福田と谷の論はいずれも、上北の最終論文における「擬日常」(日常が非日常に揺るがされたあとに、それでも営まれる日常)という中心概念を取り上げた。福田はその裏に「擬非日常」という概念が隠されていると主張する。前者が失われたはずの日常を演じる態度であるのに対し、後者は過剰に非日常を演じる姿勢である。分析対象である浅野いにおが前者を主人公に据え後者を露悪的に描いているが故に、上北は無自覚にその構図に則り、後者を等閑視している、というのが福田の論旨だ。彼はさらに、批評再生塾自体もまた「批評の危機」という「擬非日常」を演出していると展開し、論の射程を広げている。

 一方谷によれば、その一語は「日常と非日常がともにある感覚」と「終わりのない日常感覚」のふたつの意味を担っている。彼女はそれを柄谷行人『言葉と悲劇』の、言葉の両義性が失われた際に悲劇が起こるという議論に接続し、前者こそが日常と非日常の共存する両義的=本義的な「日常」であり、後者はそれが一義化した頽廃形態だと分析した。

 と、類似した着眼点を持った両者だったが、講師の評価ははっきりと分かれた。分水嶺となったのは、「批評の型」ができているかどうかだ。福田の論が上北の問題点→原因としての浅野いにお批判→批評再生塾自体の「擬非日常」性★7へと論を広げているのに対し、佐々木が「実直さで選んだ」と評する谷は、ひとつの概念を7000字にわたり論じる丁寧さの半面、論理のジャンプや応用力に欠け、展開の単調さは否めない。佐々木はしばしば「批評はロジックとレトリックだ」と述べるが、まさにレトリックの差で福田に軍配が上がった。

 とはいえ谷の文章も初回ながら「擬日常」の解説としてクリアであり、講評も穏やかに進んだ。私の前任者である中谷径によれば「だれひとり肯定的な言葉を引き出すことはできなかった」第1期東浩紀ゲスト講師回の殺伐とした空気など、悪い夢だったかのように★8

 そんな中、事件は起こった。渦中にいたのは残る横山だ。

 彼は上の2人とは趣を異にし、東の課題自体を批評するというスタイルを採った。曰く、本来「危機(Krisis)」と同義であったはずの「批評(Kritik)」は、今や「危機」を喧伝することで逆説的に安定を手にしている。そのような言説はもはや「鼻かみ紙(Kleenex)」の如き消費財であり、先行世代を批評せよという東の課題、ひいては「批評の危機」を叫ぶ批評再生塾自体が、その流れに手を貸している。一見して挑発的な内容である。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1991年生。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾第一期優秀賞。批評再生塾TAを経て、ゲンロン編集部所属。

注目記事

批評再生塾定点観測記

ピックアップ

NEWS

関連記事