革命と住宅(1) ドム・コムーナ──社会主義的住まいの実験(前篇)|本田晃子

2021年1月27日刊行『ゲンロンβ57』
 ゲンロンβでの連載『亡霊建築論』や、『ゲンロン11』掲載の論考「ソ連団地の憂鬱」が大好評の本田晃子さんによる、新連載がスタートします。社会主義革命の理想の先には「家(ホーム)」からの解放があった──「家」の否定の上に築かれた労働者たちの「ソ連的住まい」の思想と歴史を論じる「革命と住宅」、どうぞお楽しみください!(編集部)

 

 革命は「家」を否定する。

 経済的な重荷としての家、家族の容器としての家、あるいは所有や愛着の対象としての家──それらはすべて革命が破壊・解体しようとしたものだった。スーザン・バック‐モースは著書『夢の世界とカタストロフィ』のなかで、「資本主義の基盤が、家庭生活においては個人の家(ホーム)を意味する私有財産だとするなら、社会主義は『反・家(アンチホーム)』である必要があった」[★1]と述べている。このような社会主義の「反・家」の思想は、直接的にはエンゲルスの著書『住宅問題』(1872-1873年)に起源している。同書内でエンゲルスは、都市労働者の住宅問題、すなわち深刻な住宅不足やスラムなどの劣悪な住環境の出現は、資本主義体制そのものに由来していると述べる。そして労働者の住宅の所有を援助することでは、問題は解決されないと主張した。彼によれば、これらの住宅問題は労働者が住宅をはじめとしたあらゆる所有の枠組みの外に出ること、「いっさいの伝来のきずなから解きはなされた、空とぶ鳥のように自由なプロレタリア」[★2]に変容することによってのみ、究極的に解決される。プロレタリア化された社会では、労働者は経済的にも心理的にも「家」に束縛されることなく、必要に応じてある拠点から別の拠点へと自由に移動する、ノマド的存在となるのだ。

 十月革命によって、ソ連では所有の対象としての、あるいは家父長的な家族制度の拠りどころとしての「家」は否定された。それでは人びとは、いったいどこで、どのように暮らすことになったのだろうか。「家」の否定の上に築かれたソ連的住まいとは、いったいどのようなものだったのだろうか。前回の連載『亡霊建築論』では、物理的実体としての建築ではなく、それ自体がイデオロギー装置であるようなイメージとしての建築──ロシア・アヴァンギャルドの《労働宮殿》からスターリンの《ソヴィエト宮殿》、フルシチョフの新《ソヴィエト宮殿》計画まで──を論じた。それに対して今回の連載『革命と住宅』では、十月革命直後から連邦解体までのソ連型集合住宅の変遷を論じていきたい。エンゲルスによれば、労働者の住宅問題の解決と社会主義体制の確立は不可分の関係にあったわけだが、ソ連における労働者住宅の現実は、政府が掲げる理想の住宅イメージとは常に著しく乖離・矛盾していた。労働者住宅はソ連のプロパガンダ戦略の要のひとつでありながら、同時にそのイデオロギー的欺瞞を暴露しかねない危険性も秘めていたのである。さらには労働者住宅の理念自体も、アヴァンギャルド建築家たちが活躍した1920年代からスターリンの独裁体制が確立された1930年代、そしてフルシチョフによる集合住宅の大量供給が始まった1950年代にかけて、激しい変動を繰り返してきた。

 これからソ連住宅史に踏み込んでいくうえで、連載初回の今回と次回は、いまだ19世紀の社会主義住宅の理念が影響力を有していた1920年代のソ連における労働者住宅をめぐる議論を取り上げたい。この時代に登場したのが、旧来の家の否定の上に作り出された新しい家、コミューン型集合住宅「ドム・コムーナ дом коммуна」だった。ドム・コムーナの背後には、住空間を物理的に共同化・集団化することによって、社会主義的な生活様式「ブィト быт」をもった「新しい人間」を作り出すという、壮大な実験があった。今回はこのドム・コムーナの理想がどのような経緯によって生み出され、建築家たちの手によってどのように具現化されたのかを見ていきたい。

1.『何をなすべきか』と理想のコミューン

 19世紀、ロシアを含むヨーロッパ諸国の主要都市では、工業化とともに都市人口の増加と過密化が急速に進み、とりわけ労働者たちは著しく劣悪な環境で生活することを強いられた。しかしその一方で、労働者の住環境や住宅難に対する社会的関心も高まっていった。例えば工業化がいち早く進んだイギリスでは、ロバート・オーウェンによる《ニュー・ラナーク》(1800年)、タイタス・ソールトによる《ソルテア》(1850年)、ジョージ・キャドバリーによる《ボーンヴィル》(1879年)など、大都市からある程度離れたよりよい環境に、工場経営者自身の手によって職住近接の工場村が築かれていった。これらの「ヴィレッジ」では、労働者住宅のみならず学校、図書館、スポーツ施設なども併せて整備された。当時のイギリスの企業家たちは、人道的見地からのみならず生産効率の向上という観点からも、労働時間外の労働者の心身のケア=管理を重視したのである。

 一方同時期のフランスでも、シャルル・フーリエが農業に重点を置いた自給自足の共同組合的コミュニティ「ファランステール」を構想していた。このファランステールの中心に位置するのが、1800人程度の労働者とその家族を収容するための集合住宅である。フーリエ自身がファランステールを実現することはなかったが、彼の影響下でいくつかのファランステールが実際に建設された。なかでも比較的成功し現在まで良好な状態で保存されているのが、企業家ジャン・バティスト・アンドレ・ゴダンによって建設されたギーズのファミリーステール(Familistère、1859-84年)である。このファミリーステールには、学校、公園、図書館、劇場、プールなどの教育・レクリエーション施設のみならず、主婦の家事・育児の負担を軽減し、彼女たちの社会参加を促すために、公共食堂や保育園などの施設も併設されていた。

 ファランステールの影響は遠くロシアまで及んだ。農奴解放やナロードニキ運動において中心的役割を果たした社会主義者ニコライ・チェルヌィシェフスキーは、逮捕後に獄中で長編小説『何をなすべきか』(1862-63年)を著すが、同作の主人公ヴェーラ・パヴロヴナの夢のなかに、労働者の理想郷として巨大なガラスのファランステールが姿を現すのである。

 だがあの建物、あれはなんだろう。あれはどういう建て方なのだろう。現代にはこんな建築はない。これを暗示する建物が一つあるだけだ。サイデンガムの丘に立っている宮殿がそれだ。鉄とガラス、鉄とガラスだけで出来ている。いやそれだけではない。これは建物の外側にすぎない。これはその外壁で、内側にはほんとうの家が、巨大な家がある。その家は鉄とガラスの建物によって、箱に入れられたように、包まれている。この内側の家はなんという軽い建て方だろう。窓と窓との仕切りはほんのわずかで、窓は大きく広く、外壁いっぱいにひろがっている。[★3]

 文中のサイデンガムの丘の上の宮殿とは、1851年のロンドン万博の際にジョセフ・パクストンによって設計されたいわゆる水晶宮のことで、チェルヌィシェフスキーはロンドンを訪れた際に、この先端的な建築物を直接目にしていた。そしてガラスの巨大なオランジェリー内に入れ子状に収められているのが、金属の骨格とガラスのカーテンウォールからなる労働者たちの集合住宅である。注目すべきは、そこで営まれている人びとの生活だ。ギーズのファミリーステールが家族単位のフラットから構成されていたのに対し、チェルヌィシェフスキーのファランステールでは、成人は一人ひとりに割り当てられた個室に住んでいる。そして彼ら彼女らは性別によらず農場ないし工場で働き、その間まだ労働に適さない子どもや老人たちが全員分の食事を用意することになっていた。食事は居室ではなく、巨大な食堂で振舞われた。チェルヌィシェフスキーの理想のファランステールでは、すべての個人は家族という単位を経ることなく、直接共同体のなかで生活するのである。

 チェルヌィシェフスキーは、ロシアにおける女性運動の先駆者としても知られる。『何をなすべきか』の主人公ヴェーラによって築かれたコミューンは、さまざまな事情で家族から逃れてきた女性たちが働きながら共同生活をおくる場として描かれている。これらの描写からも明らかなように、彼の考える女性の社会参画にとっての最大の障壁とは、家庭にほかならなかった。女性を私的空間へと囲い込み、家事や育児といった無償労働に従事させる家族という枠組みの解体なくして、理想のコミューンの実現はありえない。実際に、住宅の社会主義化をめぐる議論のなかで主要な争点となったのが、家事や育児の公共化だった。家庭という性別分業からなる密室ではなく、性別によらず個人が直接社会に接続されるための住まい──チェルヌィシェフスキーの『何をなすべきか』は、そのような社会主義住宅の理想をロシアにもたらしたのである。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1979年岡山県岡山市生まれ。1998年、早稲田大学教育学部へ入学。2002年、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学表象文化論分野へ進学。2011年、同博士課程において博士号取得。日本学術振興会特別研究員、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター非常勤研究員、日露青年交流センター若手研究者等フェローシップなどを経て、現在は岡山大学文学部准教授。著書に『天体建築論 レオニドフとソ連邦の紙上建築時代』(東京大学出版会)。

注目記事

革命と住宅

ピックアップ

NEWS

関連記事