同一者の識別と噴出|全卓樹

初出:2022年2月25日刊行『ゲンロンβ70』

私の手のひらに乗っていたあの小石は、それぞれかけがえのない、世界にひとつしかないものだった。そしてその世界にひとつしかないものが、世界中の路上に無数に転がっているのだ。

──岸政彦『断片的なものの社会学』

(1)

 2つのものが「同一」でありうるだろうか。全く「識別不可能」な2つのものが存在しうるだろうか。この問いを精密に問うたのが18世紀ドイツの哲学者ゴットフリート・ライプニッツであった。仮に2つのものがあって、あらゆる属性が同一だとしたら、その2つのものは識別不可能だろう。しかし一方、識別不可能とはいえ、2つが別なものであるためには、それらの区別を指定できる何か別な属性がなければならない。

 ライプニッツがこの問題に突き当たったのは、世界を構成する根本要素としての「モナド」について考察していたからである。世界は無数のモナドからできている。モナドはお互い独立しているが、全て同一の性質を持つ故、どれも識別不可能である。他方それぞれのモナドは他とは異なる「状態」という属性を持っていて、それがモナドが単一でなく複数存在することを保証している。ライプニッツはそう考えた。

 いま全く同一に作られて、どうにも区別できない2つの球体があるとしてみよう。これらは「同一」と言っていいのだろうか。一方を他方から識別することは不可能だろうか。

 世界にこの2つの球体しか存在しないとすれば、それらを区別することに意味はないだろう。そもそも「区別」を論ずるためには、この2つの球体以外の第3者、区別を行う認識主体がなければならない。認識主体は一方の球に目を向ける、他方の球はその一方から1m離れて置かれてあった。この認識主体にとって2つの球を位置(もしくは座標)という属性で区別することは容易い。2つの球が動いて位置が入れ替わったとしても、目を逸さずにそれらの動きを逐次追っているかぎり、一方と他方を間違えることはないだろう。つまり位置はこれら2つの同一にできた球体を識別する「状態」に相当するのである。2つの球体を同一の位置に重ねて1つにできない以上、この2つは常に異なった状態にあって識別可能である。

 内的属性が同一な2つのものでも状態が異なる故に区別できる様子を、オックスフォードの哲学者のサイモン・ソーンダースは「弱い識別可能性」と呼んだ。2つのモナドは、そして離れて置かれた2つの同一な球体は、ともに「弱く識別可能」なのである。

 現実の人生を考える場合、識別可能性の強弱が程度問題である場合も多い。球体の一方に小さな傷がついていたらどうだろう。感覚の鋭い人にとって2つの球は別物で、普通に「強く」識別が可能となるが、傷が目に入らない大抵の人にとっては、2つの球の内在的性質は同一で、位置による「弱い識別」のみが可能だろう。人間自身にとって個人個人は置き換えが効かない別々の存在と思えても、SFに出てくる人を狩って食う異星人にすれば、私と貴女に何の違いもなく、単に狩られた順序によって弱く識別可能なだけだろう。私には全く区別のつかない祥太と晃太の双子兄弟が、晃太に恋を告白されたばかりの貴女にとって、簡単に識別可能だとしても何の不思議もない。

 このように考えることで、別な論点も浮かび上がってくる。祥太と晃太が身体の作りから性格まで、仮に細部に至るまで同一だとしても、貴女に恋している1点で、晃太は特別な存在であるはずだ。この個別性は、双子兄弟の立つ位置や姿勢、表情の違いの識別とは無関係の、根源的な「かけがえのなさ」がもたらすものである。あらゆる客体的属性や状態を超越したこのような識別は、形而上学的「このもの性」と呼ばれる。自動機械やゾンビではない魂のある人間にとって、このもの性による識別は原初的な重要性を持つのだ。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1958年京都府生まれ。高知工科大学理論物理学教授。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学理系大学院物理学専攻博士課程修了。専攻は量子力学、数理物理学。ジョージア大学、メリランド大学、法政大学などを経て現職。著書に『エキゾティックな量子──不可思議だけど意外に近しい量子のお話』『銀河の片隅で科学夜話──物理学者が語る、すばらしく不思議で美しいこの世界の小さな驚異』など。

コメント欄に表示する名前を入力してください。
コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他

関連記事