記憶とバーチャルのベルリン(5) 翻訳・多言語の街、ベルリン|河野至恩

初出:2022年4月28日刊行『ゲンロンβ72』

 かつてはプロイセンの首都であり、激動の20世紀を経てもなお、現在に至るまでヨーロッパの一大都市として名高いベルリン。文学においても、レッシング、ハイネ、グリム兄弟、ブレヒト、ベンヤミンなど、ベルリンにゆかりがある著者は多い。プラハでその生涯の大部分を過ごしたフランツ・カフカも、婚約者フェリーチェ・バウアーに会いに、ベルリンを何度か訪れていた★1

 ベルリンという都市と文学の関係を考えるとき、カフカをはじめ、実はドイツ語を含めて複数の言語を操る作家を欠かすことはできない。例えばロマン主義文学の代表的な作品『影をなくした男」(1814)などで知られるアーデルベルト・フォン・シャミッソーは、フランス・シャンパーニュで生まれたが、15歳のとき、フランス革命のため家族でベルリンに渡り、母語ではないドイツ語で作品を著した。1985年には、彼にあやかってドイツ語を母語としない作家に贈られる文学賞「シャミッソー賞」が創立され、1996年には多和田葉子も受賞している。

 もちろん、ドイツ語以外で書く作家もいる。1929年から1933年までナチス・ドイツの台頭前夜のベルリンに滞在し、当時の体験をモチーフにした小説『さらばベルリン』(1939)を著したイギリス人作家、クリストファー・イシャウッドも有名だ。日本の読者にとっては、1887年から翌年までベルリンに滞在した森鷗外も、もちろん含まれるだろう。

 2019年の12月から2020年の1月、私が在外研究でベルリンに滞在している間、文学に関する講義、ワークショップ、トークイベントなどをできるだけ多く聴きに行った。今回はその中から、ドイツ語を母語としない、あるいはドイツ語と他の言語の関係にフォーカスを当てた、ふたつのイベントを紹介してみたい。ここで浮上したキーワードは「翻訳」「多言語」「複言語」などの概念だ。いまなぜ、これらに注目する必要があるのか。そして、それをベルリンで考える意義とは何か。こんな問いから、文学都市・ベルリンの現在の一面が垣間見えるのではないだろうか。

「翻訳アクティビズム」の拠点で語られる「翻訳不可能性」

 ベルリンには文学者の記念碑やゆかりの場所が少なくない。その中で現在でも文学者が集まり、発信の拠点として活発な活動を展開しているのが、ベルリン文学コロキウム(Literarisches Colloquium Berlin、LCB)である。ベルリン市からの助成で運営されるこの文学センターは、ベルリン西部の郊外、ヴァンゼー駅の近くに所在し、書籍の新刊イベントや朗読会などが頻繁に開催されている。

 私がLCBのことを知ったのは、2019年秋にゲーテ・インスティトゥート東京で開催された、翻訳出版に関するワークショップだった。日本語からドイツ語への文芸翻訳の現状が紹介され、翻訳から出版までのプロセスに関して具体的なアドバイスも提供されるものだった。

 このワークショップに、LCBの副館長であるユルゲン゠ヤコブ・ベッカー氏が参加して、ドイツにおける翻訳支援のあり方を紹介していた。そこで、LCBを中心に、翻訳者の支援活動や、翻訳に関する啓蒙活動が展開されていることがわかった。例えば、LCBでは、ドイツ内外の作家や翻訳家が長期滞在できるレジデンシー・プログラムを行っている。そして、LCBも運営に参画している、ドイツ政府の助成によるドイツ翻訳基金(Deutsches Übersetzenfond)。他言語からドイツ語への文芸翻訳者を支援し、ワークショップやトークイベントも開催する公的な機関だ。ベッカー氏はこの基金の事務局長も務めている。また、ベッカー氏が創始した、文芸翻訳者を交えた文化交流イベントや出版を通して翻訳についての理解を深めるプロジェクトであるトレド・プログラム(TOLEDO Programm)の活動も紹介された。

 私は文学研究者として、日本文学の作品が翻訳・流通・出版される状況についての歴史的な研究を行ってきた。同時に私自身も翻訳を出版した経験があり、現代における文芸翻訳の支援に関心を持っている。今回のワークショップでの発言を聴き、LCBがいわば翻訳アクティビズムの拠点として、文芸翻訳に対して多様な支援を展開していることに興味を惹かれた。日本でも、例えば文化庁の立ち上げた「現代日本文学の翻訳・普及事業」が翻訳コンクールやワークショップなどの活動を行っているが、ベルリン市のサポートによりこのような多岐にわたる翻訳・翻訳者支援活動が定期的に行われていることは、ひとつの都市の文化行政のあり方として非常に興味深く思われた。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

 

 このワークショップの数か月後、今度はベルリン滞在中の2020年1月に、LCBでのトーク・イベント「翻訳不可能なものを翻訳する(“Unübersetzbares Übersetzen”)」を聴講する機会があった★2

 そもそもこのトークイベントは、フランス語の哲学語事典『ヨーロッパ哲学語彙 Vocabulaire européen des philosophies』(2004年刊行)をもとに企画されたものだ。哲学者のバルバラ・カッサン編纂によるこの辞典は、「翻訳不可能なものの辞典 Dictionnaire des intraduisibles」という副題が示す通り、それぞれの見出し語について、複数の言語における語源、解釈の歴史、文脈の差異を説明している(ちなみにこの辞典は、2014年に Dictionary of the Untranslatables: A Philosophical Lexicon として英語に翻訳・刊行された)。「翻訳不可能なもの」を翻訳する、とは矛盾のように聞こえる。だがここには、「翻訳不可能性」を通じて複数の言語を緩く繋ぐという意図があるのだろう。実際、同書の監訳者のひとりである翻訳理論の研究者エミリー・アプターは、「翻訳不可能性」を「振り子」として(すなわち、翻訳可能性と翻訳不可能性を行ったり来たりすることによって)、哲学と言語の関係を批判的に見直すことができるプロジェクトであると高く評価している★3

 トークイベントでは、『ヨーロッパ哲学語彙』の扱う内容を超えて、翻訳不可能性について考える理論的・哲学的な考察や、または、哲学・文学の事例から、翻訳が難しい用語をどのように翻訳するかという技術的な面の問題提起などがあり、その後質疑応答が行われた。哲学・文学用語の翻訳という、いわばマイナーなトピックの議論に、満員の聴衆が活発な議論を交わしているのが印象深かった。終了後は、立食のレセプションがあり、ベッカー氏と東京のワークショップ以来の再会を果たした。ベッカー氏は、会場に来ていた著名な日本文学の翻訳者を紹介してくれて、話が弾んだ。

 翻訳の方法、翻訳(不)可能性の考察という問題が、LCBというベルリン有数の文学館のプロジェクトで正面から扱われていることに、ベルリンにおける「文学」を論じる場の幅広さ、奥深さを感じたのだった。

ベルリンで研究する多言語・越境言語・翻訳

 また、文学研究の世界でも、複数言語を使う作家、または言語現象は注目を集めている。

 2年前のベルリン滞在では、大学で開催されるシンポジウムやワークショップなどにも参加できればと、イベントカレンダーや告知を見ていた。そのときに目にとまったのが、フンボルト大学スラブ学・ハンガリー学科の大学院の授業だ。ロシア系アメリカ人の詩人・翻訳者・研究者であるユージン・オスタシェフスキーによる大学院のセミナーで、テーマは「ソビエト/世界文学:多言語性/言語越境性/翻訳 Sowjet-/Weltliteratur: Multilingualität/Translingualität/Übersetzung」。ここで仮に「言語越境性」と訳した Translingualität は、「越える」とか「横断する」という意味を持つ接頭語に「言語性」という名詞を繋げた言葉だ。言語がさまざまな境界を越えるときに示す特性について考えてみるという意図だろう。作家や翻訳家をゲストスピーカーとして迎える一部の授業は一般に公開しているというので、韓国系アメリカ人の詩人で翻訳者のドン・ミー・チョイ氏の回、そして多和田葉子氏の回を聴講した。

 この授業のタイトルに現れているように、近年、北米やドイツ語圏の文学研究では、多言語、複言語、言語の越境というようなテーマが注目を集めている。以前は、文学は母語で書くものという暗黙の了解があったが、その前提を一度疑うことで、新たな視点を得ようというアプローチだ。日本語の文学研究でも、この分野での研究が進みつつある。

 ドイツ語文学でこの問題を考えるうえで欠かせないのが多和田葉子氏だ★4。周知の通り、多和田氏はドイツ語と日本語の両方で創作活動を展開し、それぞれで多くの文学賞を受賞するなど高い評価を受けている。そんな氏が、「母語の外に出て書く」という問題を自らの2003年のエッセイ『エクソフォニー』で提起したことは広く知られている。

 従来、母語以外の言語で文学を書く作家は、「移民文学」「クレオール文学」などの枠組みで語られることが多かった。つまり、政治亡命、植民地支配、戦争、貧困など、政治的・経済的な理由で自分の住む土地を離れ、母語以外で書くことを強いられた作家が、どのようなテーマをどのように描いたか、というアプローチだ。それに対して多和田氏は「エクソフォニー」という言葉を通し、母語以外で書くことを「『自分を包んでいる(縛っている)母語の外にどうやって出るか? 出たらどうなるか?』という創作の場からの好奇心に溢れた冒険的な発想」から捉えよう、と提起する★5。大学卒業後にドイツに移住し、そこで磨いたドイツ語と日本語の両方で創作をする氏のキャリアとも重なっている。

 多和田葉子の作品が北米の日本文学研究者の間で広く知られるきっかけとなったのは、アメリカ日本文学会の2001年の年次総会のときに開催された朗読会だ。多和田氏による自作の朗読は、ドイツ語、英語、日本語の間を自由に移動しつつ、必ずしもすべて理解できなくても、それがパフォーマンスとして成立する不思議なものだった。この20年くらい、多和田葉子の創作活動と、北米・ヨーロッパの多言語・複言語の文学研究の流れはシンクロしていると言えるのかもしれない。

 前述のフンボルト大学の授業に戻ろう。多和田氏の回は、学生や研究者だけでなく、一般の聴衆も多く訪れて、真冬の夜にもかかわらず中くらいの会議室のような教室が一杯だった。まず、多和田氏による自作の朗読とパフォーマンスから始まり、その後、質疑応答とディスカッションが行われた。

 そこで話題になったのが、複数の言語をまたぐ多和田氏の作品のようなテクストを読む(聴く)という行為をどのように理論化するか、ということだった。多和田氏の多言語の詩や小説は、言語Aの言葉と言語Bの言葉が韻を踏んだり、言語Aの言葉なのに言語Bの言葉のように聞こえたり……ということが多い。それを読んでいる(聴いている)人の全員が登場する言語すべてに通じているわけではないので、その繋がりのすべてを知ることはできない。だが、繋がっている「かもしれない」、繋がっている「らしい」言葉や音の連続が、意味を作っていく。それは、ヤコブソンの有名な定義に則れば、隣接性によって言葉が限りなく転義する、換喩的ともいえる運動が、言語の境界を越えて展開していくことなのではないだろうか。多言語、複言語の言葉の動きを捉えることの難しさと面白さを確認した夜だった。

複数言語の現実を受け止める

 今回紹介したふたつのイベントを通し、ベルリンの文学を語る場では──それがLCBのような文学センターであれ、フンボルト大学のアカデミックな場であれ、また、多和田葉子氏の創作の現場であれ──、「翻訳」や「言語越境性」など、複数の言語を操る人間が文学を読み・書くという現象、それを理解するための概念が注目を集めていることを実感した。これらの現象は、ベルリンの文学地図を考えるうえで重要なだけでなく、現在の世界の変わりつつある現実を映したものであろう。

 多和田葉子氏に『雪の練習生』(2011年)という、ホッキョクグマが主人公の小説がある。ソ連のサーカスにいたホッキョクグマが自伝を書いて一躍有名になり、西ベルリン、そしてカナダへと旅する。そして小説は、その娘で東ドイツのサーカスで活躍するトスカ、さらにはベルリン動物園にいる孫のクヌートの物語へと続いていく★6

 この作品は、もともと日本語で書かれ、多和田自らがドイツ語に翻訳して出版し、その後英語など多くの言語に翻訳された作品だ。国際交流基金の日本文学翻訳作品データベースによると『雪の練習生』は少なくとも14の言語に翻訳・出版されている★7。そのうちのひとつに、ウクライナ語への翻訳があるが、ロシア語訳はない。あるインタビュー記事によれば、多和田はその理由を、「ロシアは何か変なことが書いてありそうだとやめたのに対して、ウクライナはロシア政府への批判として読み取り喜んだ」と解釈しているという★8。そこには、ウクライナ語がロシアへの抵抗の言語としての意味を付与されつつある、現代の言語政治の一面を見ることができるのかもしれない。

 2022年2月、ウクライナにロシア軍が侵攻し、数百万人もの人々が国外に逃避し、ウクライナ国内では一般市民に対する攻撃により甚大な人道的危機が起こっている。今回の戦争により世界中の多くの人々が、ロシアとウクライナ両国の人々、そしてその文化と社会に関心を持った。そのひとつの現れとして、ウクライナの地名の標記をロシア語の通称からウクライナ語に近い読みに変更する、というものがある。キエフをキーウに、オデッサをオデーサ、というように。そこには、ウクライナの国民はウクライナ語を話す、という素朴な前提があるように思われる。

 しかし、現実は、ウクライナの国民の多くは、ロシア語とウクライナ語の両方を話すバイリンガルだといわれる。『自由なき世界』(慶應義塾大学出版会、2020年)などウクライナとロシアの近現代史について著作が多数ある歴史家のティモシー・スナイダーが指摘するように、ウクライナの兵士たちはロシア語でコミュニケーションを取るし、ウクライナの一般市民がロシア兵に向かって罵倒し、抗議するのもロシア語である。また、ロシア軍によるウクライナ侵攻が始まったとき、地下壕でウクライナの少女が『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」を歌い、避難していた人々を元気づけた、という動画が話題になった。このときの「レット・イット・ゴー」は、ロシア語版のものだったという。

 このような状況において、プーチンが主張したように「ウクライナ国内のロシア語話者を保護するために派兵する」という理屈は成り立たない。しかし、またその逆の立場として、ウクライナの国民はウクライナ語のみを重視していると考えるのも、そこにある言語文化の豊かさを見逃すことに繋がるのではないだろうか。私はロシア語やウクライナ語の知識は皆無なのだが、「人間は複数の言語を使う」という立場に立って、この地域の言語状況について、理解の精度を上げる必要がある★9。ウクライナにもロシアにも、複数の言語が共存し、また、複数の言語を話す人々が生きている。また、世界各地で、そのような地域があり、そのような人々が生きている。その複雑な現実を、できる限り複雑なままに理解すること。いま求められているのは、そのような姿勢なのではないか。

 21世紀のベルリンは、ヨーロッパだけでなく全世界から人が集まり、居住する大都市である。2019年から20年の滞在で出会った、複数の言語の視点から文学を語るベルリンの人々は、現在の世界に向けて重要な問題提起をしているのではないだろうか。

次回は2022年6月配信の『ゲンロンβ74』に掲載予定です。

 

★1 ベルリンゆかりの文学者の経歴や、現在も残る記念碑・墓地などは、宇佐美幸彦『ベルリン文学地図』(関西大学出版部、2008年)に詳しくまとめられている。本稿の執筆でも参照した。
★2 “Unübersetzbares Übersetzen: Podiumsgespräch mit Sima Reinisch, Wolfgang Hottner und Esther von der Osten”2020年1月22日開催。イベント紹介ページは以下。URL=https://lcb.de/programm/unuebersetzbares-uebersetzen/
★3 Emily Apter. Against World Literature: On the Politics of Untranslatability. London: Verso, 2013, p. 31
★4 本連載の第1回でも、氏の小説『百年の散歩』を紹介した。河野至恩「記憶とバーチャルのベルリン 第1回 移動できない時代の「散歩の文学」──多和田葉子『百年の散歩』を読む」、『ゲンロンβ61』、2021年。
★5 多和田葉子『エクソフォニー』、岩波書店、2003年、6-7頁。
★6 孫のホッキョクグマのキャラクター「クヌート」は、 2000年代に実在した、ベルリン動物園の大人気ホッキョクグマに基づいている。ドイチェ・ヴェレの紹介記事では『雪の練習生』がベルリンの歴史を描いた小説として紹介されているし(URL=https://www.dw.com/en/yoko-tawada-memoirs-of-a-polar-bear/a-45620835)、「文学都市ベルリンのガイド」と題したウェブページでは、ベルリンを舞台にした現代文学の作品として言及されている(URL=https://theculturetrip.com/europe/germany/berlin/articles/the-culture-trip-literary-city-guide-to-berlin/)。
★7 「日本文学翻訳作品データベース」。
URL=https://jltrans-opac.jpf.go.jp/
★8 「朝日賞受賞・多和田葉子さん自作を語る 多言語で翻訳、いろんな解釈が最高の楽しみ」、「好書好日」、2020年1月18日。URL= https://book.asahi.com/article/13039202
★9 “Transcript: Ezra Klein Interviews Timothy Snyder” The New York Times, March 15, 2022.
URL=https://www.nytimes.com/2022/03/15/podcasts/transcript-ezra-klein-interviews-timothy-snyder.html
+ その他の記事

1972年生まれ。上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・国際教養学部准教授。専門は比較文学・日本近代文学。著書に『世界の読者に伝えるということ』(講談社現代新書、2014年)、共編著に『日本文学の翻訳と流通』(勉誠出版、2018年)。

注目記事

記憶とバーチャルのベルリン

ピックアップ

NEWS

関連記事