イスラームななめ読み(7) 田舎者のサイバー・ジハード|松山洋平

初出:2022年5月30日刊行『ゲンロンβ73』

 シリア・アラブ共和国で内戦が発生してから11年が経過した。事態はまだ収束していない。在英の非政府組織シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)の統計に基づけば、内戦が始まった2011年3月から2022年3月までの間の死者数は61万人に上る★1

 2022年2月にウクライナに軍事侵攻し国際的な批判を浴びたロシアは、2015年以来、シリアの内戦にも軍事介入しており、アサド政権の維持に大きく寄与している。ロシアはシリアに数万人を派兵し、数百種類の兵器を使用したと見られているが、シリアでの経験と「成功」が、ウクライナ侵攻に弾みをつけたという見方もある★2

 日本でも戦場のイメージが定着したシリアだが、かつては、日本からもモスクワ経由で気軽に渡航することができる土地だった。筆者も学生時代、語学留学を含め、幾度も渡航している。

 なぜシリアに? と思うかもしれないが、内戦前のシリアは、世界中のアラビア語学習者にとって有力な留学候補地だった。比較的治安がよく、物価も安い。筆者が留学中に通ったダマスカスの語学学校には、ロシア人・イギリス人・イタリア人・アゼルバイジャン人・トルコ人など、アラビア語を学ぶ様々な国籍のクラスメートがいた。

 シリアの首都ダマスカスは、歴史的建造物が残存する旧市街と、その外に広がる新市街に分かれている。旧市街には遺跡が多い。そもそも、街自体が「古代都市ダマスカス」として世界遺産に登録されている。その中心部には、現存する世界最古のモスクと言われるウマイヤド・モスクがある。礼拝堂には、洗礼者ヨハネの頭部を収めたとされる廟があり、モスクのすぐ横の建物にはアイユーブ朝のサラディンが眠っている。モスク正面にはローマ時代の凱旋門が形をとどめていて、この門をくぐると旧市街最大のスーク、ハミーディーエ・スークに入る。パウロに洗礼を授けたアナニアの家とされる聖アナニア教会や「まっすぐな道」のように、キリスト教にまつわる遺跡もあれば、アゼム宮殿のようなオスマン朝時代の遺跡も多い。筆者は留学中に、この旧市街のウマイヤド・モスクのすぐそばで暮らしていた。

 

【図1】ウマイヤド・モスクの中庭 撮影=松山洋平
 

 ある日、旧市街の町はずれで日用品の買い足しをしていたときに、1人のシリア人青年に話しかけられた。聞くと、働き口が見つかったか何かで、田舎から出てきたばかりだという。ダマスカスのことはまだよくわからないそうだ。

「立ち話も何だし」と言って、なかば強引に、近くにある彼の部屋に案内された。ボロアパートで、家具もほとんどない。

「どうぞ」と差し出されたのは、1杯の水道水だった。

 手に取ったグラスの中には、何かゴミのようなものが浮いていた。糸……というよりも、毛玉だ。大小の赤い毛玉がいくつか水に浮いている。わざと入れたわけではないだろう。グラスに入っていたゴミが目に入らなかったのだ。しかし、直径2センチはありそうな毛玉を見逃すとは、たいそう大様である。

 以前シリアで、「物事の機微を理解する力を養い、心身の健康を保つためには、都会で暮らすべきである。田舎で暮らしているとぼーっとしてしまう」という言説を聞いたことがあった。初めて耳にしたときはそんな馬鹿な話があるかと笑ったが、毛玉の浮いた水を見ながら少し納得してしまった。

 毛玉が口に入らないように唇を濡らしながら彼と世間話をした。彼は、ダマスカスという都会に「よそ」からやって来た者同士の会話を楽しんでいるようだった。

 どういう文脈だったか、「いつか、ジハードに行って、戦いたいんだ」と彼が切り出した。「今度きみが日本に帰った時に、お願いしたいことがある」と私に言う。

 そのお願いというのは、「動画」のデータを日本から持ってきてほしい、というものだった。

 シリアでは、政府批判につながる可能性のある本は販売が禁止され、ブロックされて閲覧できないウェブサイトも多い。何か情報が欲しいのだろうか。

 彼の話を聞くと、どうも、「ジハード」に行く具体的な計画をたてているわけではないようだった。そもそも、どのような武装グループが存在し、どこでどういう活動をしているのか、まったく知らないと言う。当時世界的な話題になっていたアルカイダのこともよく知らないらしい。

 ジハードについての説教動画でも見たいのかと思ったが、そうではないという。ジハーディストが発信している、短い「PR動画」、特に、「かっこいい音楽が付いてるやつ」が欲しいらしい。戦意をアゲたいのだと言う。

 かっこいい音楽が重要だ、と念を押された。

 

 こんにち、イスラムの解釈、およびその伝達と受容は、IT技術の浸透に伴い、サイバースペース上で盛んに行われるようになってきている。ウラマー(イスラム法学者)がネットを介してファトワー(教義回答)を布告したり、説教を配信したりすることはまったく珍しいことではない。

 ファトワーやクルアーン釈義、ハディース(ムハンマドの言行などを伝える伝承)などがそれぞれテーマ別に分類され、自由に検索できるデータベースサイトも広く利用されている。これらのサイトにアクセスすれば、特定のテーマに関連するクルアーンの章句やハディースにはどのようなものが存在するのか、それらのテクストについて古今東西の学者たちがどのような判断を下してきたのかを、瞬時に検索することができる。

 これらのツールが万人にアクセス可能になったことで、ウラマーの手による伝統的解釈から離れ、現代的・個人的な解釈を発信する知識人や一般人も目立つようになった。特に、ウラマーとは異なる新しい語り口で宗教的言説を発信する非ウラマーの説教師、いわゆる「俗人説教師」(lay preachers)は、アラビア語で「新興説教師」(الدعاة الجدد)などと呼ばれている★3

 もっとも、サイバースペース上で展開するイスラムの解釈とその受容のシステムは、大きく見れば、近代以降に宗教的言説の担い手が多元化した流れの中に位置づけることができるだろう。その意味では、ウラマーではない人物がイスラム的言説を発信する現象自体は、比較的古くから見出されていたと言える。

 しかし、その拡散性・自由度・匿名性がインターネットの普及によって格段に高まったのは事実である。サイバースペースで展開するイスラムの解釈と権威構造の変化を、「サイバー・イスラム」、「ハッシュタグ・イスラム」(Gary R. Bunt)、「イスラム2.0」(飯山陽)などの概念で呼び、独自の現象として分析する見方もある★4

 サイバースペースは、いわゆる「イスラム過激派」によっても積極的に利用されてきた。アルカイダへの支持を表明する世界各地の「過激派」を繋ぐネットワークは、インターネットを介さずには成立し得なかった。IS(イスラム国)が2014年にアブー・バクル・アル゠バグダーディーをカリフに選出した際には、ISの支配地域とは直接関係のない地域の組織・個人が、彼に忠誠を誓う例が散見された──そうした支持表明もまた、ネット上で行われた。ISが宣言したカリフ制国家は、シリアとイラクに「成立」したのと同じ程度に、サイバースペース上に「成立」したのだった★5

 近年欧米諸国で発生した「テロ」事件の犯人の中にも、ネット上に拡散された過激思想に触れて犯行に到る者がいた。各国政府は、テロ対策の一環として、こうした「サイバー・ジハード」に対する対策を講じている★6

 筆者が出会ったシリア人青年は、ネットを介して「過激思想」に触発される事例とはパターンが異なるが、IT技術を介した表現にジハード参戦のきっかけを見出そうとしていた点では共通する部分もある。

 

「まずは、本を読んだりして、いろいろ勉強するのがいいんじゃないか」

 そんなようなことを言って、ジハーディストが配信する「PR動画」のデータを日本から持ってくることをやんわりと断った。

 筆者は、意を決して毛糸の混ざった水をいくらか飲むと、彼の部屋を出た。

 それ以来彼とは会わなかった。

 彼の名前は覚えていない。どこを故郷と言っていたのかも忘れてしまった。ダマスカスから遠い、北東部だったと記憶している。ラッカか、あるいはハサカだったかもしれない。内戦で激戦区になった地方だ。筆者もラッカには一人旅で訪れたことがある。短期滞在した観光客としての印象に過ぎないが、素朴で人当たりの良い人が多いように感じられた。ユーフラテス川が穏やかに流れる、静かな町だった。

 内戦が始まり、あの青年は、何もわからないまま反体制派に加わっただろうか。反対に、政府軍として徴兵された可能性もある。あるいは、難民となって国外に逃れたかもしれない。

 彼が過激派の「PR動画」を欲しがっていたのは、ジハードに行くための最後のひと押しを求めてのことのように見えた。しかし、本当のところはよく分からない。彼自身もよくわかっていなかったかもしれない。

「どこかでジハーディストが巨悪と戦っている」──いずれにしても、シリア人青年の認識はそれ以上でもそれ以下でもなかった。そんな彼が、「過激派」の活動に参加するか否かの決断を、プロモーションビデオのように編集された短い映像によって「ノリ」で下してしまうとすれば、とても危ういことだ。

 しかし、彼と同じような若者が現実にはあちこちにいるのだろう。そしてその中には、実際に「過激派」の活動に参加することになった人もいるはずである。「過激派」というと、教義上の信念を持つ人、過激思想に「洗脳」される人、「過激派」に利用される人の姿が描かれることが多い。しかし、シリアで出会った彼は、自分が誰と共に戦うのかも、何に対して戦うのかもわからないまま、誰に命じられるわけでもなく、戦いへの参加を口にしていた。

 以下の言葉は、ムハンマドのものとして伝えられている。筆者が出会った彼にも、現在シリアやウクライナで戦う兵士たちにも、同様に当てはまるかもしれない。

 私の魂がその御手にある御方に誓って。人々のあいだで、殺す者がなぜ殺したのか分からず、殺される者がなぜ殺されたのか分からないようになるまで、世界は終わらない。

(ハディース学者ムスリムの伝えるアブー・フライラの伝承)

 

★1 “Syrian Revolution 11 years on.” The Syrian Observatory For Human Rights, 15 Mar. 2022. URL= https://www.syriahr.com/en/243156/(2022年3月16日閲覧。)同団体が発表する推計死者数に関してはその「政治的偏向」が指摘されているが(青山弘之、浜中新吾「シリア人権監視団発表の死者数統計に潜む政治的偏向」、「SYNODOS」、2015年。URL= https://synodos.jp/international/14640 2022年3月16日閲覧。)、数十万規模の死者が出ていることは確かであろう。
★2 Zaher Sahloul. “Russia’s Attacks in Syria Were a Prelude to Putin’s War on Ukraine.” Chicago Tribune, 1 Mar. 2022. URL=
https://www.chicagotribune.com/opinion/commentary/ct-opinion-ukraine-syria-putin-civilian-attacks-20220301-x5cfnkisaje4lbykjhtttpa5ty-story.html (2022年3月16日閲覧。) また、松里公孝「シリア戦争とロシアの世界政策」、『スラヴ研究』第68巻、2021年、71-105頁も参照。
★3 イスラムの「俗人説教師」については、八木久美子『グローバル化とイスラム──エジプトの「俗人」説教師たち』、世界思想社、2011年や、兼定愛「ベストセラー『ラー・タフザン』を巡る考察──時代と共に変遷するウラマーと説教師の役割に着目して」、『アジア・アフリカ言語文化研究』第100号、2020年、83-122頁などに詳しい。なお、イスラムにおいて「ウラマー」とそうではない人の区別はときに曖昧であり、「俗人(説教師)」という概念を適用するには注意を要する。
★4 保坂修司『サイバー・イスラーム──越境する公共圏』、山川出版社、2014年。Gary R. Bunt. Hashtag Islam: How Cyber-Islamic Environments Are Transforming Religious Authority. The University of North Carolina Press, 2018. 飯山陽『イスラム2.0──SNSが変えた1400年の宗教観』、河出書房新社、2019年。
★5 Bunt. Hashtag Islam, chs. 5-6.
★6 「サイバー・ジハード」の活動は、「過激派」がネット上で自身の思想を喧伝するだけに留まらない。保坂によれば、ハッキングの技術や爆弾の製造方法、「過激派」の宣伝ファイルをオンライン上で隠す方法を指南する活動も存在するという(保坂修司『サイバー・イスラーム』、63頁)。
+ その他の記事

1984年静岡県生まれ。名古屋外国語大学世界教養学部准教授。専門はイスラーム教思想史、イスラーム教神学。東京外国語大学外国語学部(アラビア語専攻)卒業、同大学大学院総合国際学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。著書に『イスラーム神学』(作品社)、『イスラーム思想を読みとく』(ちくま新書)など、編著に『クルアーン入門』(作品社)がある。

コメント欄に表示する名前を入力してください。
コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

注目記事

イスラームななめ読み

ピックアップ

NEWS

関連記事