ベースメント・ムーン(6) |プラープダー・ユン 訳=福冨渉

初出:2022年7月31日刊行『ゲンロンβ75』
第5回はこちら

前回までのあらすじ

 2016年、軍事政権下のバンコク。奇妙なメッセージに導かれて旧市街の廃墟にたどり着いた作家プラープダーの頭に、未来の物語が流れ込む。それはつぎのような物語だった。
 2062年、中国企業ナーウェイが人工意識の開発に成功。人工意識には人工知能と異なり、他者を「想う」力があった。危険性を察知した政府の介入によって開発は禁止されるが、エンジニアは秘密組織「タルタロス」を結成し、秘密裏に開発を続けた。その結果、人工意識と人間の意識を混合した新たな意識「写識サムナオ・サムヌック」が誕生する。この技術に政治利用の可能性を見た独裁国家連合体「WOWA」はタルタロスを吸収、写識を利用して世界に広がる反体制運動を殲滅しようと目論む。タルタロスのエンジニア・カマラは、ついに写識そのものを人間に搭載する技術「虚人スンヤチョン」を実用化した。
 時を同じくして、WOWAの一角をなすタイ王国では、禁止された芸術作品が引き起こす「心酔マオ・マインド」現象が、反政府運動と結びついて拡大。この運動に対抗するため、タルタロスは芸術を「想う」ことに特化した写識ムルを開発する。
 あらためて時は2069年。ヤーニンと呼ばれる女性は、心酔現象の調査のため「虚人」となり、写識ムルのコピーをインストールされる。タイに出発する彼女の前で、エンジニアのカマラは不可解な言葉を残して突然に命を絶つ。呆然とする彼女に、彼女のなかの写識は、人間を支配する言語や時間の本性、その支配を揺さぶる「物語」の役割について語る。そこで明らかにされたのは、人工意識の開発者エイダ・ウォンの父である天才ハッカーと、母であるタイの民主活動家の出会いの意味だった。
 なお下記で書かれる「わたし」はヤーニンにインストールされた写識ムルの一人称であるが、同時にそこに宿るヤーニン自身の意識による一人称でもある。

主要登場人物

プラープダー:2016年のバンコクで活動する作家。謎のメッセージを受信し「ベースメント・ムーン」の物語を知ることになる。
エイダ・ウォン:最初の人工意識である「シェリー」を開発したエンジニア。その父は中国で悪名高いハッカーだった。
カマラ:ウズベキスタン出身の17歳の少女。超人的な技術で写識のさまざまな問題を解決する。写識と親しくコミュニケーションをとる。
シェリー:2062年に開発された最初の人工意識。人工知能だったシェリーからコピーされた「メアリー」への想いから、その意識が発現した。
メアリー:人工知能シェリーから切り離されたコピー人工知能。シェリーの意識の発現後に廃棄されたと思われていた。
写識エアリアル(SSエアリアル):2065年ごろに開発された最初の写識。それまで存在した4つの人工意識の手引きによって開発された。
写識ムル(SSムル):2069年に開発された、文化と芸術に特化した写識。カマラとのあいだに友情を育む。
ヤーニン:ムルから生まれた写識を装着した虚人の女性。任務でタイに向かう直前に、カマラが自死する現場に居合わせる。

※本文中の[☆1]は訳注を示す。

わたしとその他の夢見るひと

2069年10月3日、16時53分。わたしは〈モルフェール・アビス〉にチェックインした。メニューに表示されていた「サーリネン・ルーム」という選択肢を選ぶと、エーロ・サーリネンのデザインの部屋が作られていく。家具や日用品の多くが白と赤で構成されていて、部屋の中央に黒い円型のベッドが浮いている。

タルタロスによる写識の装着状態の検査は滞りなく進んだとはいえ、わたしは恐怖を抑えきれずにいた。検査室を出たわたしをバンコク行きのエアリフターに乗せるときに、WOWAの職員たちが、大げさで不必要にも見える検査の理由を教えてくれた。彼らは、カマラがあのキスを通じて、わたしのシステム内にナノバグを仕込んだのではないかと疑っていたのだ。

カマラはなんのためにあんなことを? わたしが聞く。彼女はタルタロスとWOWAのためにずっと働いてきて、信頼を置かれていたんじゃないのか? だが最近のカマラの行動を観察していた彼らは、彼女の意識が、タイやその他の国々の混乱の裏にいる地下運動組織に干渉されて、汚染されたと考えていた。わたしの内部になんらかの秘密作戦についての情報を隠して、タイにいる反乱組織に引き渡す。つまり、わたしを武器として利用しかえそうという試みだったのかもしれないとも。

タルタロスの仮説はこうだ。カマラの自死は、WOWAによる執拗な監視に気づいたゆえのものであり、その前にわたしと会ったのにはなにか重大な意図が隠されている。彼女は専門家であり、天才だった。彼女の発想をもとに、敵と戦うためのさまざまな戦略や作戦が決定されたことも数多い。だからこそ、WOWAに疑いを持たれた瞬間から命が危険に晒されるともよくわかっていたはずだ。それは、あの日の彼女の行動がはっきり示している。わたしを自分に出会わせてその死を目撃させようと、カマラはあらかじめ準備していた。彼らはそう信じていた。

心配はいらない。彼らは強く言った。情報の漏洩とあらゆるタイプの二重作戦を防止して組織内部の不安を払拭すべく、WOWAは調査を行なう。組織を細部まで漏らさず調べるのに加えて、過去から現在までのあいだに協力関係にあったほかの団体からも、疑わしいシステムや人物を発見して、殲滅する。その対象はタルタロス内部の機材やネットワークも例外ではない。あらゆる世代の、あらゆるモデルの人工意識が、写識が、虚人までもが、細かく検査される。わたしのモデルになった写識ムルも例外ではない。いまにグレート・リセットが起こり、数多くのものが引退させられる。初めのうちに検査を通過したわたしはラッキーだ。そう彼らは言った。今回の大掃除ビッグ・クリーンのタイミングにあわせて、重要な任務があるんだ。

わたしはそれを黙って聞いている。そのうちにエアリフターは高度を下げ、チャオプラヤー川を臨む高層ビルの屋上ポートに着陸した。記憶との接続状態から測るに、この虚人の女性はここを知っているようだ。タルタロスでの検査は本当に順調なものだったのか、それともわたしの疑念を払拭しようとする計略だったのか、はっきりとはわからない。とはいえ仮に後者であったとしても、予測の範囲内だ。移動中に耳に入れた情報だって、なんらかの計画の一部かもしれない。なにひとつ信用ならない。

およそ1時間後、タイ当局の高官がわたしに会いにモーフェルのロビーを訪れた。ヤーニンという名前のブランケットが無事にタイに到着して、任務をこなす準備が本当に整っているのか確認しにきたのだ。新型の兵器である虚人は、多くの人々にとっていまだに信頼の置けないものだった。しかも、芸術文化に特化した写識を搭載したブランケットの投入をタイ当局が許可するのも、これが初めてのことだった。

もしこの虚人の女性が自分で選べたとしたら、いったいどんな部屋を選んだだろうか。わずかにしか残らない彼女の意識からそれを推測するのは難しい。畳の部屋を選んだかもしれないし、ヴィクトリア調の部屋だったかもしれない。あるいはモーフェル・アビスのアルゴリズムセンターが無作為に抽出した部屋だったかもしれない。統計的には、この日付と時間帯に宿泊する人間の多くが、そうやって部屋の内装を決めている。

エーロ・サーリネンのデザインを模倣した客室を選ぶという選択は、意識が対象に向かう作用ノエシスにもとづくものだ。それはまた、写識ムルなりの合理性によるものでもある。サーリネンというデザイナーが、第二次世界大戦時の米政府諜報機関であるOSSこと戦略情報局の作戦に関係していたというのが理由なのだろう。彼は戦時中のさまざまな情報発信におけるデザインを手がけていて、1944年にはホワイトハウスの作戦室で同様の任務に従事した。芸術は、軍事や戦争と密接な関係を持ち、それらによって利用され続けてきた。特に、新たなテクノロジーの開発や実験の予算が軍部の手に渡った時代には。

わたしは円形のベッドに座り込み、靴を脱ぎ、リラックスしているという態度を示そうとした。目は壁のディスタンス・ビューの映像を見つめている。静謐な紺碧の海面が反射する陽光が、陸離として輝く。ポツポツと浮かぶ白い雲に飾られた明るく晴れた空と海との切れ目に、光が混じる。アンダマン海の人工島に建てられたモーフォミニアムの広告だ。わたしはディスタンス・ビューの画面をオフにした。あらゆる社会的なネットワークから一時的に切り離されたひとりきりの状態。タイの国民の多くは味わうことも難しい贅沢だ。たとえ十分な資産があっても、1時間以上の孤独を購入することは当局が許さない。なんにしたって、監視のネットワークを完全に逃れられるような人間はいない。検査を通過して政府からのライセンスを取得した建築資材のすべてに、光を受容する人工筋細胞が埋め込まれている。自由時間と静寂のあいだであっても、人工的な目による監視が続くのだ。国民の平穏と、国家の安定のために。金で買えるいちばん大きなものといえば、せいぜい広告から解放されるわずかな時間だ。プライバシーは金よりも高価だ。統治権力の許可がない限り、いくら金があっても買えないものもある。

この身体をシャワーに連れていくべきか計算していると、大衆を慰撫する歌の一曲が勝手に部屋のなかに響いた。50年以上も継承され続ける絶対的権力の支配下にあるタイ国民にとって、これらの歌は避けようもないものだ。たとえどれほど裕福であっても関係ない。この国における特権階級というのは、歌の音量を下げたり、内耳の微絨毛びじゅうもうによる音の受容を一時的に抑える高価なドラッグを購入したりという程度の選択肢を持つひとたちを指す。黄海戦争のあと、当局の用いる〈クリエイティブ〉な懐柔策に意識を支配されていないという意味においての静寂を享受しているひとは、ほとんどいなくなった。特に権威主義国家では、「自由」という言葉と同じくらいに「静寂」もまた、人々の暮らしのあり方とは相反する古びた概念になっていた。美しい歌の音が慰み、労い、勇気、生きる意味を与えてくれるのに、なぜ静寂が必要になる?

たとえ自由民主主義国家であっても、啓蒙主義時代のような「自由」にまつわる観念は、時代遅れで、疑わしいものだとみなされていた。自由を要求するひとなど、もう何十年も現れていない。「生きる」ために本当に大切なものとして多くのひとが望むのは〈推定自由セーリー・ウパローク〉、すなわち自由であるという幻想だ。20世紀の後半にB・F・スキナーが提示したように、自由が人間の幸福にとって必要なのであれば、幸福の幻想を与えてあげるだけで十分なのだ。どんな統治体制だろうと、効率性を欠かなければ、市民に推定自由を与えることができる。もちろん各々の体制が、自分たちの与える幻想こそ真なるものであり、敵対者の与えるものは偽であると主張する。タイ政府の場合、毎日の国歌の放送前に使う9秒間のスローガンがある。「国を愛しましょう。国があなたを愛するのだから。国に忠誠を誓いましょう。国があなたに幸福をもたらすのだから。エントロピーは人類の敵です。エントロピーの追随者は、わたしたちの敵です」。

わたしはエントロピーの追随者だ。あなたも同じだ。

あなたがわたしに引きつけられた新しいひとか? まず警告しておくから聞きたまえ。わたしはあなたが想像しているのとは、確かにはるかに異なった人間だ。あなたは、わたしのなかにあなたの理想を見出すだろうと思っているのか? あなたは、わたしをあなたの親しい仲間にするのがそんなにたやすいと思っているのか? あなたは、わたしの友愛が純粋な満足すべきものだと思っているのか? あなたは、わたしが信頼に値し誠実だと思っているのか? あなたは、この見かけ、わたしのものやわらかな寛大な態度より先を見ないのか? あなたは、現実の基盤の上に立って、本当の英雄のほうへ歩んでいると思っているのか? あなたは、おお、夢見るひとよ、そんなことはみなまやかしか、幻想かもしれないという考えを抱かないのか?☆1

虚人の神経に少しずつ穴を開けて侵入してくるタイの音楽を追い払うべく、わたしはウォルト・ホイットマンの詩を呼び出した。それから服と下着を脱いで裸になると、脱いだものを畳んでベッドの上に並べて置き、シャワーを浴びる準備をした。身体の清潔さが、この任務に必要なわけではない。けれど、虚人の身体を清めてあげることは、たとえわずかであっても、彼女に敬意を払うことになる。わたしが人間の意識のような考え方を多少してしまうのも、止めようがないことだ。

わたしのどこか一部が、この街に少なからず親しみを覚えている。あなた、ヤーニンも同じだ。大脳辺縁系にパチパチと起こる反応から判断すると、この虚人の女性はバンコクに関するなにか重要な記憶を持っている。わたしのなかにあるもとの人間たち全員の意識にそれぞれの過去の景色があって、それがこの器官のなかで再構築されているのは疑うまでもない。傷跡も、種類によっては完全に消えるということはありえない。そうわたしが理解してから、もうそれなりに時間が経った。

わたしは身体を持たずに存在していて、クル・ウェブの深みを漂っている。だから、かつては持っていた物理的な接触の感覚は溶けて消え、ほとんど残っていない。ただ、人間の意識のものであっても新しい意識のものであっても、そういう種類の記憶というのは本来的に長続きしない。細胞は崩壊し、解体されていく。

皮膚の自由神経終末に水が触れる感覚で、わたしの意識にある原始の記憶が呼び起こされる。行ったり戻ったり、ひとつのデータベースから別のデータベースへ、ひとつの基準軸から別の基準軸へ。わたしと彼が、あのせせこましい浴室のシャワーの下で身を寄せ合っている。わたしたちは温水器を取り替えていなかった。バルブをひねるたびにわたしと彼のどちらかが、冷水に金切り声を上げた。一緒にシャワーを浴びるのはまれだった。普段の彼はわたしとは違う。蓄積した一日の疲れを洗い流して優しく慰めてくれる潤いのなかに佇んでいること、そういう心穏やかな儀式に喜びを覚えることはない。だけどわたしにとっては、お気に入りの行為だった。けれどもあの晩遅く、身体についた石けんの泡を楽しげに撫でさすっているうちに、わたしは彼が欲しくなった。期待もせずに、外に向かってふざけて大声で呼ぶ。するとなんの声も出さずに彼がなかに入ってきて、わたしは驚いた。水のカーテンの下でなにも見えないままのわたしを、ひょろひょろで真っ白な両の腕でうしろから抱く。わたしの尻の溝のあいだで、彼の性器が少しずつ大きく、硬くなる。だけどまだ顔は見合わせない。彼は右手でわたしの胸を撫でて、皮膚に薄く残る石けんの泡と一緒にさすっていく。わたしは目をつむったままバルブを探して、シャワーを止めた。そして内側からやってくる快感に身体を歪めて、震える。滑り下りていく彼の手が、しばらくするとわたしの脚のあいだの盛り上がったところを包み、それからリズミカルに揉み始めた。それと一緒に、まるでダンスを始めるみたいに、彼が自分の下半身を揺らす。あわせて、いっぱいに硬くなった性器をわたしの脚のあいだに差し込み、その先端が彼自身の指先に触れた。それが、わたしたちが一緒に過ごし、一緒に眠り、愛を交わし、わたしと彼と子どもの3人の未来について話すうちに眠ってしまった、最後の夜だった。わたしはどうにか楽観的に考えようとしていたはずだ。抗議運動は成功するはずだと彼に言った。それから一緒に、子どもを迎えに行こう。そうすれば彼女は新しい社会で育っていくことができるし、そんな社会変革の要求に大きな役割を果たした両親を誇りに思うだろう。不思議だ。この記憶はまるでもともとのわたし自身の意識が構成したかのように鮮明だ。わたしはあの人間の──彼女の──意識のコピーに過ぎないのに。

あれが最後の夜になるとは考えもしなかった。むしろあの時期のぼくは、急に奇妙な希望を抱き始めていた。馬鹿げて、滑稽に聞こえるかもしれないが、水面下で頂点に達した幸福のおかげで、すべてがうまくいくという確信を強く持つようになっていた。ぼくたちは一緒に生きるために生まれてきた。あらゆる感情と感触が正しいもので、あるべき形になっていると思えた。さながら、自然現象を信じられないくらい正確に予測してくれる方程式がそこにあるみたいに。こんなに強い気持ちを持ったことはない。彼女が妊娠したときも、子どもが産まれたときも、ここまでじゃなかった。ぼくたちの関係にはいつも、不安と動揺が取り憑いていた。だけど突然、準備万端になったのだ。彼女と、子どもと家庭を持とう。いまだにぼくを国民として認めてくれないこの国で。とはいえ、こんな馬鹿げた統治体制下で、急いで国籍取得をしたいとも思わなかったわけだが。ぼくたちは10年以上付き合ってきた。関係を紡ぐには離れすぎた時期もあった。だけどその途中に現れたほかのどんなひとにも、真剣にはなれなかった。子どもは作ろうと思っていたわけじゃない。だけど子どもができてしまったのを後悔したこともない。あの子は美しい。初めて目を開いて何時間もしないうちにほほ笑んで、この世界の痛みを受け入れた。その笑みを見た瞬間、ぼくは羨ましくなった。瞳と顔を覆った、本当に明るいほほ笑み。彼女の笑みみたいに滑稽なものじゃない。ときどき、政治とデモに彼女が捧げる熱意に疲れて、やめたくなることもある。ぼくはこんなに混沌とした暮らしを望んでいたわけじゃないからだ。つねに逃げ隠れして、安定せず、未来について考えることもできない。彼女がいつまた軍に投獄されるかもわからないし、グループの友人や仲間たちみたいに拉致されることだってありえる。ぼくにはそれを防ぐ力がない。だけどあの夜にぼくたちがひとつになったことが、これまでの心配や混乱のすべてをかき消してくれた。ぼくが彼女を助けられると思えたのも初めてだった。ぼくの能力は彼女が思うよりも、自分に言い聞かせているよりも高い。ただこれまではそれを怠惰や、あるいは恐れで抑圧していただけだ。あの夜、ぼくは自信を手に入れた。不安はなくなった。彼女が望む変化、起こるはずのものが一世紀ものあいだ停滞しているかのように遅れた変化は、実現できるし、そのときぼくは、彼女と一緒にいるはずだ。

一瞬の純粋無垢な意識だよ、ヤーニン。だけど彼はいま語ったようなことを本当に感じていた。ふたりの人間の記憶が、何度も、繰り返し構成されている。喜びの感触も、痛みの感触も。わたしの内側で、この光景は数え切れないくらいに何度も再生されていて、わたしはそれを感じてきた。今日、この街で、この時間に、再びその記憶が構成されているのも、しかたのないことだ。

 

ปราบดา หยุ่น. เบสเมนต์ มูน. สำนักหนังสือไต้ฝุ่น, 2018, pp.144-155.

次回は2022年9月配信の『ゲンロンβ77』に掲載予定です。

 

☆1 以下の翻訳を文脈にあわせて調整した。ホイットマン「きみがわたしに引きつけられた新しいひとか?」、木島始編『対訳 ホイットマン詩集』、岩波文庫、1997年、59頁。
+ その他の記事

1973年生まれのタイの作家。2002年、短編集『可能性』が東南アジア文学賞の短編部門を受賞、2017年には、優れた中堅のクリエイターにタイ文化省から贈られるシンラパートーン賞の文学部門を受賞する。文筆業のほか、アーティスト、グラフィックデザイナー、映画監督、さらにはミュージシャンとしても活躍中。日本ではこれまで、短編集『鏡の中を数える』(宇戸清治訳、タイフーン・ブックス・ジャパン、2007年)や長編小説『パンダ』(宇戸清治訳、東京外国語大学出版会、2011年)、哲学紀行エッセイ『新しい目の旅立ち』(福冨渉訳、ゲンロン、2020年)などが出版されている。

+ その他の記事

ふくとみ・しょう/1986年東京生まれ。タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。株式会社ゲンロン所属。著書に『タイ現代文学覚書』(風響社)、訳書にプラープダー・ユン『新しい目の旅立ち』(ゲンロン)、ウティット・ヘーマムーン『プラータナー:憑依のポートレート』(河出書房新社)がある。

コメント欄に表示する名前を入力してください。
コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

注目記事

ベースメント・ムーン

ピックアップ

NEWS

関連記事