東京ダークツーリズムガイド !?(1)|ゲンロン編集部

初出:2013年10月1日刊行『ゲンロン通信 #9+10』

「ダークツーリズムとは、災害や戦争をはじめとする悲劇にまつわる場所を訪れ、悲しみを共有し、死を悼む観光形態である[……]。(井出明「ダークツーリズム入門」、#1「ダークツーリズムとは何か」)

 本誌連載の「ダークツーリズム入門」や、『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』でダークツーリズムに興味を持った方も多いだろう。しかし、これまでに紹介されたスポットは、どれもなかなか気軽に訪れることが難しい。そこで編集部では、東京近郊で気軽に訪問できるダークツーリズムスポットを実際に訪れ、その模様を紹介することにした。

 とはいえこの「ダークツーリズムスポット」、本当に悲惨な事件が起きた現場を巡る……というわけではない。東京近郊には、悲劇の地と「たまたま」同じ名前を持つ建造物や店舗がいくつも見られる。それらを紹介し、実際に訪問しつつ、その「名前」が持つ意味、悲劇性について考える……というのが、本連載の趣旨である。

01 あの世界貿易センタービルが、浜松町の駅前に……!?

もうひとつのWTC

 はじめに紹介するのは、港区浜松町にそびえ立つ世界貿易センタービル★1。この名前を聞くとどうしても連想してしまうのが、ニューヨークの中心街に並び立ち、マンハッタンのシンボルでもあったツインタワーだ【写真1】。ご存じの通り、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件により、このツインタワーにはハイジャックされた2機の飛行機が飛び込み、2600名以上が犠牲になった。

 

写真1 2001年3月のワールドトレードセンター(ニューヨーク)“World Trade Center, New YorkCity – aerial view (March 2001)”(Author:Jef fmock, CC-BY-SA-3.0) http://commons.wikimedia.org/wiki/File:World_Trade_Center,_New_York_City_-_aerial_view_(March_2001).jpg

 ふたつのビルには名前が同じである以上のつながりはないが(実のところ、同名のビルは世界各地に数十棟見られる)、9・11以後都市型テロへの懸念から、浜松町の世界貿易センタービルでも特別警戒体制が取られている【写真2】。

 

写真2 入口には「特別警戒実施中」の掲示がある
 

 ほとんどのフロアはオフィスで占められているが、低層部にはレストランやショップが並び、レジャー目的でも十分楽しめる。別館2階の文教堂書店浜松町店は550坪のゆったりとしたフロアに、ベストセラーから専門書まで、幅広いラインナップを揃えている。編集部がとくにおすすめしたいのは、書店入口近くのおみやげ店だ【写真3】。観光名所にありがちなキーホルダーやキティちゃん、さらにはキャラクターもののトランプなど、いかにもひと昔前のおみやげ店といった品揃えを楽しむことができる。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他

関連記事