ライプツィヒから〈世界〉を見る(最終回) 「ベルリン森鷗外記念館」と「ドイツ語落語」|河野至恩

初出:2014年6月30日刊行『ゲンロン通信 #13』

 最終回の今回は、このコラムの連載開始から書きたいと思っていたテーマである、私がライプツィヒに住んだ1年の間に見た、ドイツでの 「日本文学」「日本文化」紹介のあり方と、現地の「日本研究」のかかわりについて記しておきたいと思う。

 今年3月、講談社現代新書から『世界の読者に伝えるということ』という本を刊行させていただいた。世界の読者の視点に立って日本文学・文化を読み直す、というテーマのもと、「世界文学としての日本文学」「日本研究からみた日本文化」などについて語った本だ。今回は、この本には盛り込めなかったドイツでの二つの事例を通し、日本で想像している日本文化の発信と、現地の日本研究、そして現地で日本文化を受け取る受け手の関心が、どうかみあっているのか、かみあっていないのかについて、考えてみたいと思う。

 

 ベルリン中央駅から歩いて15分ほど、 ブランデンブルク門やドイツ連邦議会議事堂からも近いベルリン・ミッテ地区の閑静な一角。森鷗外が下宿していた部屋があった(といわれる)古い建物の2階に、森鷗外記念館 (Mori-Ōgai-Gedenkstätte.以下「記念館」)がある。玄関から記念館の入り口へと続く階段に沿って、『舞姫』からの引用が日本語で記されている。鷗外が住んでいたアパートの1室を再現した部屋の他、展示室、図書館、講演室などがある。

 記念館は、ベルリンを訪れる日本人の観光客にとっては、鷗外のベルリン留学時代を追体験する観光スポットである。しかし、記念館には、ベルリンにおける日本研究、日本文化紹介の拠点という顔もある。記念館の図書館は、膨大な量の鷗外研究の資料が収められており、特に欧米語の鷗外研究については、書籍・論文の全点収集を目指しているという(私がアメリカの大学で書いた博士論文も所蔵されていた)。森鷗外の研究者がヨーロッパ各地からこの図書館のためにベルリンに短期滞在して調査をすることも多いという。私自身、ライプツィヒに住んでいたときは鷗外資料を読むためにこの図書館を何度か利用した。

 また、記念館では、定期的に、鷗外に限らず日本研究全般の研究発表や、日本文化の紹介イベントが企画・実施されている。私がライプツィヒに滞在していた2012年は森鷗外生誕150周年の記念の年であり、記念シンポジウムや講演、鷗外ゆかりの地との文化交流イベントが行われた(私もその一環として2013年2月に森鷗外記念館で研究発表をさせていただいた)。さらに、記念館では、Japonica Humboldtianaという日本研究の学術誌も発行されている。

 このように、記念館は、日本人(特に観光客)の視点から見るのと、現地の日本研究の視点から見るのとでは、大きく異なる姿を現す。記念館を何度か訪れ、いろいろと話を伺っているうちに、その認識のギャップには、大きな問題が隠れていることに気がついた。この問題についてぜひ多くの人に読んでもらいたいのが、記念館の現副館長であり、長年記念館で勤務されてきたベアーテ・ヴォンデさんが『文学』に寄稿した文章である(ベアーテ・ヴォンデ「つれづれなるままにーベルリン森鷗外記念館と記念 のかたち」『文学』14.1(2013年1・2月))。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1972年生まれ。上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科・国際教養学部准教授。専門は比較文学・日本近代文学。著書に『世界の読者に伝えるということ』(講談社現代新書、2014年)、共編著に『日本文学の翻訳と流通』(勉誠出版、2018年)。

注目記事

ライプツィヒから〈世界〉を見る

ピックアップ

NEWS

関連記事