韓国で現代思想は生きていた(21) 今の韓国、その心の行方|安天

初出:2017年9月15日刊行『ゲンロン6』

『大韓民国、心の報告書 대한민국 마음 보고서』(ムンハッドンネ 문학동네)は韓国の精神科医、ハ・ジヒョン(하지현)氏が書いた、韓国社会の心理的・精神的状況を紐解いた本である。今年2月に刊行された著作であり、ほぼリアルタイムの「報告書」と言えよう。著者は、10年以上、精神科医として様々な人と診療の現場で接してきた。そうした経験と知見をもとに、今を生きる韓国人の心理的特徴や悩みを浮き彫りにしていく。実際に診察した具体的な症例を引き合いに出し、それを出発点として韓国社会で特徴的に見られるようになった心理的パターンを提示していく手法を取っており、非常に分かりやすい。他方、取り上げている事象は多岐にわたっており、事象間の関連性が見えづらい。よって、私なりの観点で、この10年間韓国社会で議論されてきた主な問題に焦点を絞り、本書の内容を再構成しつつ関連する説明を加えることで、論を進めていこうと思う。

1 「韓国はジャングルだよ」

 私は、韓国での生活歴が25年あり、日本での生活は15年以上になるが、日本に来て「韓国と違うな」と感じたものの1つに「時間感覚」がある。日本社会は、韓国社会より時間の流れがゆったりしていると感じたのである。韓国社会はとにかく変化が激しく、その変化に適応するだけで精一杯だった。日本もこの10数年で大きく変化したが、その時間変化の密度は韓国より薄く、韓国で経験した焦り(時には、刻々と変わっていく世界にシンクロしているという高揚感)を感じるほどではなかった。

 いつか、出張などで東京を訪れる韓国の旧友と会って酒を酌み交わすことがあり、雑談がてら、次のような質問を受けたことがある。

「そろそろ韓国に帰って来たらどうだ?」

 私は、笑いながら答えた。

「韓国は変化が激しすぎて、もう私は適応できないかもな」

 友人は苦笑いしながら、こう言った。

「確かにね。韓国はジャングルだよ。アマゾンはないけどな(笑)」★1

 そんなわけで、日本と韓国では、社会のストレスを構成する要素に、かなりの相違があるのではないかと、長い間漠然と思ってきた。

 本書を読んで、「やはりそうか」と思ったところもあれば、「そんなことが起きているんだ」と思ったところもある。そして、何よりも10数年前と比べて韓国は日本に相当似た社会になってきていると感じた。というのも、本書で扱っている症例や特徴的な心理的パターンの多くは、固有名詞を置き換えるだけで、日本における症例やパターンと同じになると言っても過言ではないからだ。言い換えれば、心の悩みという側面で、韓国と日本が抱えている問題は、他のどの国よりも類似しており、その分お互いを理解しやすい状況になってきている。

2 「夢」の消失

 現在、日本の若者に最も人気のある就職先は「公務員」である。リスクモンスターが2018年卒業予定の大学生を対象に行った調査結果によれば、「就職したい企業・業種ランキング」の1位は「地方公務員」、2位は「国家公務員」で、この順位は前年と変わらないものであるらしい★2。就職先として公務員が人気なのは、その業務内容に興味があるからという理由もあるだろうが、一般企業より安定しており、労働環境も比較的よいからだろう。

 韓国で最も人気のある就職先もまた「公務員」だ。本書によると、2016年に行われたソウル市の地方職9級公務員の選抜試験を、13万人が受験した。採用予定人員は1600人弱で、競争率は80倍を超える。今年も、ソウル市の9級公務員の採用予定人員が1514人であるのに対し、選抜試験の受験者は12万5000人で、約82対1の競争率になっている★3。韓国の地方職9級公務員は、いわゆる「末端」公務員であり、高校を卒業した程度の学歴・経歴の人に適した職種として設定されている。ところが、最近の受験者は大学卒業以上の者のほうがはるかに多い。

 いわゆるSKY大学★4出身者や留学組までもが9級公務員に志願する上に、大手企業を辞めて3年間試験準備をし、30代中盤で公務員になった人が、3000万ウォン〔日本円でおよそ300万円〕にも満たない年収に大きな満足度を示しているという。★5

 将来への不安が大きくなると、人はリスクを回避する選択をする。ここで言う「リスク」には、当然ながら「これ面白そう」「これやってみたい」「これ絶対意味があると思う」という自分の価値観や感性に基づき、結果が不確実な活動に思い切ってコミットすることも含まれる。言い換えれば、「夢を追う」ことは「リスクを負う」ことでもある。

 私が暮らしていたころの韓国には、リスクを負って夢に挑戦する雰囲気があった。しかし、この10数年で、雰囲気は随分と変わったようである。著者は、社会の構造自体が変化したことを指摘している。過去とは異なり、「努力すればそれに相応する結果を得られる」時代ではもはやない。「一生懸命最善を尽くしても今よりよくなることはなく、もとを取るのも厳しいのが今の世の中」であり、そこでは「安全であること、そしてそれを持続することが」唯一の目標となる。日本のマンガ等も嗜む著者は、このような表現をしている──「これからは、夢や希望をもって冒険に旅立つマンガの主人公のような生き方はできない」。

 著者の目に映る韓国の若い世代は、「『夢と希望』は考えたこともなく、そのようなことを思うこと自体が贅沢であり、ただ末永く安定した人生を送り続けることだけを願い、最善の選択は公務員になることだと必死に努力する」。韓国では、上の世代の人が最近の若者について、夢や向上心がないと不満を漏らすが、そもそも個々人の置かれている状況が以前とは異なるのだ。そのような不満を漏らす人も、今の若者と同じ立場になったら向上心どころではなくなるかもしれない。

 ちなみに、日本にはすでに若い世代が夢や希望を持たないことを社会現象として分析した成果が複数ある。代表的なものとして古市憲寿の『絶望の国の幸福な若者たち』を挙げることができよう。以前、このコラムの第17回「日本の本を読み続けてきた韓国」で、韓国に日本の書籍が非常に多く翻訳されていることに触れたが、実はこの本もすでに翻訳されている。『大韓民国、心の報告書』の著者は、まさに『絶望の国の幸福な若者たち』を引き合いに出している。該当箇所を引用しよう。

『絶望の国の幸福な若者たち』を書いた日本の若い社会学者古市憲寿は、今の日本を生きる若者たちが既存の世代より幸せを感じるのは「希望がないから」と分析し、彼らをさとり世代と呼ぶ。人は今の現実に満足できないとき、よりよい未来を作り、よりよい人生を営むために努力する。ところが、希望が実現する可能性が非常に低いと感じると、現在手にしている水準でそこそこやっていくことに満足するようになる。

 日本の「さとり世代」と類似した特徴をもつ若者が韓国でも増えていて、朝鮮日報は彼らを「達観世代」★6と呼んでいる。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1974年生まれ。韓国語翻訳者。東浩紀『一般意志2・0』『弱いつながり』、『ゲンロン0 観光客の哲学』、佐々木中『夜戦と永遠』『この熾烈なる無力を』などの韓国語版翻訳を手掛ける。東浩紀『哲学の誤配』(ゲンロン)では聞き手を務めた。

注目記事

韓国で現代思想は生きていた

ピックアップ

NEWS

関連記事