タイ現代文学ノート(7) 翻訳するタイ文学、翻訳されるタイ文学|福冨渉

初出:2018年11月9日刊行『ゲンロン9』

 2018年6月、タイにおいて、文芸誌『The Bangkok Literary Review』の創刊が発表された。イギリス人のライターであるジェームス・ハットンを中心に、タイ国文化省のメンバーなどが参加して編集される英文誌だ。タイ文学作品の英訳や、英語での創作作品を募り、掲載していく予定になっている★1

 さらに、同誌の主催で「BKKLIT Translation Prize」と銘打った翻訳賞の創設もアナウンスされた。過去20年間にタイ語で発表された散文・詩の英訳を募集し、上位3作品はそれぞれ同文芸誌の創刊号に掲載され、賞金も与えられる★2

 また、タイ国書籍出版社・販売者協会(PUBAT)も、文化省から資金提供を受けて「外国語に翻訳されるべきタイ文学作品」の選考をおこなおうとしている、という話が漏れ聞こえている。こちらは、選考された作品を、フランクフルト、台北、北京、クアラルンプールといった都市で開催されるブックフェアで展示して、翻訳・出版に興味をもつ出版社を募るようだ。

 

「世界文学とは、翻訳を通して豊かになる作品である」★3とはデイヴィッド・ダムロッシュの提示したテーゼだ。

「世界文学」というタームの大仰さ、曖昧さ、その不定形さはさておき、ダムロッシュが指摘するように、現代における文学の営みを、生産・翻訳・流通というフェーズから構成される「読みのモード」としてとらえることは、タイ文学においても有効だろう。

 日本の例を見てみると、21世紀の世界文学・海外文学ブームにおける数多くの出版の中に、タイはもちろんのこと、アジアの文学作品が入ってくることは稀である。読者・出版社の認知と出版リスク、翻訳者の数、作品の質など、要因はいくらでも挙げることができるが、ここでは深入りしない。ただ、たとえば韓国の文科省にあたる文化体育観光部の傘下機関である韓国文学翻訳院が、各国言語による韓国文学の翻訳を助成し、一定の成果を出している。あるいは日本では国際交流基金が、日本文学の外国語への翻訳出版を助成している。こうした国や公的機関による文学の翻訳支援は、読みのモードの多様化という面において一定の意義をもつだろう。

 その意味では先述の『The Bangkok Literary Review』の取り組みや、PUBATによる選考も、まだ不透明な点が多いにせよ、タイ文学の読みのモードにおける新しい流れとして評価されるべき部分もあるだろう。

 

 歴史的に見ると、タイ文学の出発点は、西欧列強との接触に端を発する「国家による援助」と「翻訳」にあった。

 19世紀後半から20世紀初頭、国王ラーマ4世(在位1851‐68年)とラーマ5世(在位1868‐1910年)の治世には、タイの近代化と中央集権化が進んだ。この時代には多くの学校が設立されるとともに、王宮には外国人英語教師が招かれ、王族の子息への英語教育が盛んにおこなわれた。さらに、王族や官僚の西欧への留学が推奨され、多くの学生が海外に向かった。そして、西欧で教育を修めた学生たちが、娯楽小説を翻案・翻訳し、タイの新聞・雑誌に寄稿するようになる。タイでは、新聞・雑誌などのメディアも、この時期に生まれた★4

 そもそもタイにおける新聞・雑誌発行のはじまりは、欧米人の手によるものだった★5。1835年にタイを訪れたアメリカ人宣教師で医師のダン・ビーチ・ブラッドリー★6は、シンガポールで購入したタイ文字の活字をタイに持ちこんだ。彼は1844年にこの活字を用いて最初のタイ語新聞『Bangkok Recorder』を発行する。この新聞にはタイ国内外のニュースや、ブラッドリー自身が翻訳した欧米の論考が掲載されていた。これを皮切りに、タイで多くの新聞あるいは雑誌が印刷されるようになる。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

ふくとみ・しょう/1986年東京生まれ。タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。株式会社ゲンロン所属。著書に『タイ現代文学覚書』(風響社)、訳書にプラープダー・ユン『新しい目の旅立ち』(ゲンロン)、ウティット・ヘーマムーン『プラータナー:憑依のポートレート』(河出書房新社)がある。

注目記事

タイ現代文学ノート

ピックアップ

NEWS

関連記事