浜通り通信(13) 小名浜の「一湯一家」|小松理虔

初出:2014年11月6日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ #24』

 浜通り通信、小名浜の小松理虔です。先月10月11日で、震災から3年7カ月が経ちました。原発廃炉に向けた作業は、今もなお変わらず続いているわけですが、どうでしょうか皆さん、普段「福島の存在」を意識することは少なくなってきたのではないでしょうか。

 しかしながら、廃炉への作業は今も続いていますし、今なお故郷から遠く離れて暮らしている方がたくさんいらっしゃいます。福島県双葉郡広野町の「東京電力広野火力発電所」では、今この瞬間も、首都圏に向けて電気を生産し続けています。首都圏の皆さんが電化製品のスイッチを入れた瞬間、コンセントを通じて福島に繋がっていることをたまに思い出して頂ければと、こうしてキーボードを叩いています。

 さて、少し重い入りになってしまいましたが、今回の浜通り通信では、私の暮らす「小名浜」という町についてご紹介したいと思います。これまで12回ほど「浜通り通信」をやってきましたが、そういえば私の地元のネタをそれほど紹介していませんでした。気軽に読み流して頂ける内容ですので、お茶でも飲みながらゆるりとお読み頂ければと思います。

 私の地元、福島県いわき市小名浜は、いわき市の東部に位置する港町。いわき市の人口32万人のうち、およそ7万6千人が小名浜地区に暮らしています。JRいわき駅やいわき市役所のある平(たいら)地区と二大経済圏を形成しており、平地区を行政、商業の町とするならば、小名浜地区は工業、漁業、そして観光業の町といえばわかりやすいでしょうか。いわき市の “海側の” 中心が小名浜です。

 現在の「いわき市」は、1966年に14もの市町村が広域合併して誕生した市です。合併当時、「市」としての面積は日本一でした。しかし、合併から50年が経とうとしている今も、合併前の区割りの影響がまだ強く、政治家が「オールいわき」という言葉を好んでよく使うことからもわかるように、実際には各地域バラバラで、「いわき市」という統一感を出すのに苦労しているというような状況です。小名浜は小名浜、平は平、そう考える人が多いのです。

 面積も広く、初めて来る方にはどこまでがいわき市で、どこが小名浜で、どこが常磐なのか、なんてことはわからないはずです。いわき駅周辺で宿をとった方が小名浜にいらっしゃると、「今日はいわきのほうにホテルをとりました!」という方が多いのですが、小名浜もいわき市ですので、「平に宿をとりました」というのが正しい言い方。その一言だけで「ああソトモンか」と判断されてしまいますので、いわきにいらっしゃる方は最低限の「地名」を覚えてくると、地元民と打ち解ける速さが違うかも分かりません。

 震災直後は地名を巡る小さなトラブルもありました。双葉郡にある町村を「とみおかちょう」とか「ふたばちょう」と呼んだ方が多かった。正しくは「とみおかまち」であり「ふたばまち」です。地方に暮らす人は、地名に深い愛着やプライドを持って暮らしていますので、呼び方を間違えると、たったそれだけのことでビミョーな空気が流れたり炎上したりしてしまう。ナントカというジャーナリストも「いわき漁港」とかいう架空の漁港を……この話はやめておきましょう。

 そういえば、宮城県の「女川原発」とごっちゃになって、「小名浜原発」とか言っちゃう人も震災直後は沢山いました。女川にも「高政(たかまさ)」という蒲鉾メーカーがあり、女川第二中学校(現在は閉校)も小名浜第二中学校も同じ「オナニ中」なので、何かと似た感じではあるのですが、小名浜に原発はありません。小名浜にあるのは「ソープランド街」です。間違えないで下さい。
 

写真1 かつて金星座という映画館があった場所に、今はソープとスナックが店を構えている

 せっかくなのでソープランドの話をします。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

「本書は、この増補によってようやく完結する」。

ゲンロン叢書|009
『新復興論 増補版』

小松理虔 著

¥2,750|四六判・並製|本体448頁+グラビア8頁|2021/3/11刊行

+ その他の記事

1979年いわき市小名浜生まれ。ローカルアクティビスト。いわき市小名浜でオルタナティブスペース「UDOK.」を主宰しつつ、フリーランスの立場で地域の食や医療、福祉など、さまざまな分野の企画や情報発信に携わる。2018年、『新復興論』(ゲンロン)で大佛次郎論壇賞を受賞。著書に『地方を生きる』(ちくまプリマー新書)、共著に『ただ、そこにいる人たち』(現代書館)、『常磐線中心主義 ジョーバンセントリズム』(河出書房新社)、『ローカルメディアの仕事術』(学芸出版社)など。2021年3月に『新復興論 増補版』をゲンロンより刊行。 撮影:鈴木禎司

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事