2015.3.11 福島取材レポート(2) 震災が史跡を掘り起こす|徳久倫康

初出:2015年4月17日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ vol.35』
第1回はこちら
第3回はこちら
 


 

フレコンバッグの山

 前回のレポートでは、全線開通後まもない3月10日、常磐道に入りならはパーキングエリアに至るまでの行程を記した。今回はさらに北上し、初日の目的地・南相馬市博物館を目指す。
 

 

 富岡町に入る。カントリーサインは桜の花びら。富岡町の夜ノ森地区は桜の名所として名高く、とくに夜はライトアップされた桜を見に、全国から観光客が訪れた。夜ノ森は大熊町との境に位置しており、大半の部分は基本的に出入りができない「帰還困難区域」に指定されている。取材当時はまだ桜の時期ではなかったが、ちょうど先週、ソメイヨシノが見頃を迎えているという報道があった★1。桜並木のうち300メートルは、より制限のゆるい「居住制限区域」にあたるため、こちらから桜を眺める花見客もいる。
 

 
 

 北上するにつれ、放射線量が徐々に上がっていくのがわかる。
 

 
 

 このあたりから左右に、集積された黒いゴミ袋が目立つようになってくる。この黒い袋は「フレコンバッグ」と呼ばれるもので、よりうず高く積み重なっているところもある。フレコンバッグは耐用年数が3年程度のため、一部のものには亀裂が入ったり、破損したりしているという報道もある。

高放射線地帯

 

 

 大熊町に入る。梨やキウイが特産らしいのだが、いままでほかの自治体にあったようなイラストはない。
 

 

 福島第一原発のちょうど真西あたりを通過。放射線量も2.7μSv/hとかなり上がってきた。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1988年生まれ。株式会社ゲンロン取締役。早稲田大学文化構想学部に在学中、東浩紀の講義を受けた縁で、のちゲンロンに入社。社内ではいまや東に次ぐ古株になってしまった。たまにカフェで聞き手を務めたり、友の会総会でクイズ大会を企画したりしている。ゲンロンの刊行物のほか、『QUIZ JAPAN』(セブンデイズウォー)などに寄稿。2020年に始まった「日経 1問グランプリ」で審査員を務める。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他

関連記事