【展覧会情報】サトウ、中村馨、中平志穂、松岡湧紀、三好風太による「45 1 15 / 70 1 21 / 30 1 10 / 63 2 28 / 60 2 28」が2月20日(日)よりゲンロン五反田アトリエにて開催

ゲンロンα 2022年2月15日 配信
2022年2月20日(日)から2月27日(日)まで、株式会社ゲンロン主催のアートスクール「ゲンロン新芸術校」第6期卒業生のサトウさん、中村馨さん、中平志穂さん、松岡湧紀さん、三好風太さんによる展覧会「45 1 15 / 70 1 21 / 30 1 10 / 63 2 28 / 60 2 28」が、ゲンロン五反田アトリエで開催されます。

ぜひ足をお運びください。

 

【アーティストステイトメント】

45分1回
70分1回
30分1回
63分2回
60分2回

 ここに示した数字は、この展示のメンバー各々の、自宅から五反田駅までの所要時間と乗り換えの回数だ。もっとも、五反田駅にはJRと都営浅草線、それに東急が乗り入れているから、実際には別の経路でここに来ることもできるはずだ。乗り換え案内で検索すれば、「料金優先」「時間優先」「乗り換えの回数の少なさ」といった、複数のパラメーターによって導き出されたルートを示してくれる。
 そんないくつかのルートから1つを選んで実行することは、何気ない決断ではあれ、実はちょっとスリリングな体験でもある。選択しなかったルートについては、同じ日の中ではもう再現することは出来ないから。とはいえ、明日にはきっと、また同じような乗り換えを繰り返しているのだろうけど。
 実際に時間を計ったことなどないからあくまで印象論に過ぎないけれど、「都市」に生きるということの内実には、移動に費やす時間がかなりの部分を占めているようにも感じる。目的地での滞在時間より、移動時間の方が長いなんてこともざらだ。私たちは日々、乗り換え案内を道しるべに、都市の中を、あるいは都市から都市を行ったり来たりする。
 私たちは、程度の差こそあれ、自身を首都圏で暮らす「都市住民」だと認識している。でも、そもそも「都市」とはどこからどこまでを差す言葉なのだろうか。東京の中でもどこからは田舎だとか、そんなたわいもない話を誰もが一度はしたことがあるだろうけど、皆ぼんやりと、そして勝手にその境界線をイメージしている。
 でも、実際のところ都市とその外側を隔てる境界線は、何を判断の基準とするかで揺れ動くものだろう。例えば、一見すごく小奇麗に開発された街でも、蓋を空けてみたら昔からの地主が幅をきかせている、といった具合に。この場合、インフラは都会的でも、政治的にはすごく保守的ということが言える訳だ。
 私たち自身のアイデンティティーも、ある側面では都会的で、またある側面ではそうでなかったりするように思う。私たちは、電車で行ったり来たりするのと同時に、自分自身の中でも二つの領域をどっちつかずに行ったり来たりしている。さながら、水中と陸を行き来する両生類のように。
行ったり来たりするということは、常に移動し続ける主体であること。でも、2つの領域の間については、ただ通り過ぎるだけで良いのだろうか。

15 21 10 28 28

 私たちは五反田駅に着くまでに、それぞれこれだけの駅を通り過ぎている。出発地点と目的地点を設定した時、自動的にこれらの駅は通過地点となってしまうけれど、本当はこの間の領域に、気が遠くなるほど無数の出来事や営みが存在している。私たちは、そこに向き合うことをしてきただろうか。昔ある人が、東海道新幹線の全ての駅を歩いて回ったというが、私たちに必要なのは、そのような振る舞いなのかもしれない。行ったり来たりしながら、その間の通過地点に目を向けること。
 結局、私たちが今回の展示で問題としていることは何なのか。それは、2つの領域のどちらにも定位することなく、絶えず行き来することでしか表現できない生のあり方をあぶり出すことなのだと思う。もっとも、私たちは各々がそれぞれ別の「二つの領域とその間」を問題としている。「都市」と「郊外」、「依存」と「自立」、「酩酊」と「素面」、「日常」と「政治」、あるいは「動物」と「植物」―どちらか一方ではなく、その間の通過駅に降り立ち、曖昧な領域の手触りを探ることが、私たちの共通項なのかもしれない。

(文責:三好 風太)

 

【開催概要】
「45 1 15 / 70 1 21 / 30 1 10 / 63 2 28 / 60 2 28」


出展作家:サトウ、中村馨、中平志穂、松岡湧紀、三好風太

会期
2022年2月20日(日)-2月27日(日) 
開場時間
月-金 16:00-20:00(火曜休み)
土日 13:00-20:00(最終日 17:00まで)

会場:ゲンロン五反田アトリエ
東京都品川区東五反田3-17-4 糟谷ビル2F



主催:サトウ
問い合わせ先:info@hidekisatoh.com

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他