展覧会「NITO10」4月8日(金)より「アート/空家 二人」にて開催

ゲンロンα 2022年3月30日 配信

制作 Aokid

【展示概要】

アート/空家 二人で行う、継続的な展覧会の10回目となる「NITO10」を開催いたします。
展覧会「NITO」では、アーティストが一万円から作品を販売し、購入されると価格が上がるという、独自の試みを行っております。本展における最高価格は、初回から参加している内田涼の作品で、16万円です。

この実験的な展覧会も10回目という節目を迎えるわけですが、それに相応しく、幅広い表現で充実した内容となっております。絵画、彫刻、映像、写真、はもちろん、「NITO」ならではの鑑賞の枠組みを超えた作品も出展されています。
今回より新たに参加するアーティストは、林香苗武、光岡幸一の2名です。
林香苗武は、絵の具やデジタルデバイスを用いて、絵画を制作しています。作品には強弱のある線と陰影が特徴的な、デフォルメされた人間が描かれます。
光岡幸一は、詩や写真、ときには構造物をつくるといった方法で、制度のなかにあって見えにくくなっている対象に光を当てます。

前回より「NITO」の展覧会イメージを、リレー形式でアーティストが繋ぐ試みを始め、本展ではAokidが制作しました。

4月17日には、西麻布で新たにオープンするTAV GALLERYの佐藤栄祐さんと、目黒にあるLEESAYAの李沙耶さんをお招きし、トークイベントを開催いたします。詳細・予約はこちらのページ( https://nito20.com/exh/talk10 )をご覧ください。

 

林香 苗武 《ナイフ》

 

光岡 幸一 《TAMA ART CENTER》

 

NITO10
会期:2022年4月8日(金)-5月5日(木)
※会期中の火、水、休み(祝日のみ営業)
開館時間:11時-19時
(4月17日はトークイベントのため17時20分まで)
入場料:無料

トークイベント日時
2022年4月17日(日)18時30分-21時30分 (受付開始 18時)
登壇者 佐藤 栄祐 李 沙耶
司会 三木 仙太郎
https://nito20.com/exh/talk10
前売り 1000円 ( https://square.link/u/SmIpeSId )
当日  1200円

会場:「アート/空家 二人」
住所:東京都大田区蒲田3丁目10-17
京浜急行 梅屋敷駅 徒歩6分、京急蒲田駅 徒歩8分、JR・東急蒲田駅東口 徒歩13分
※道幅が狭いため、車でお越しの際は近くに駐車をお願いいたします。
WEB:https://nito20.com

 

【出展作家】
内田 涼、迫 鉄平、高橋 臨太郎、田中 義樹、時里 充、根本 祐杜、林香苗武、藤田 紗衣、松元 悠、光岡 幸一
UCHIDA Ryo, SAKO Teppei, TAKAHASHI Rintaro, TANAKA Yoshiki, TOKISATO Mitsuru, NEMOTO Yuto, HAYASHI Kanae Takeshi, FUJITA Sae, MATSUMOTO Haruka, MITSUOKA Koichi

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

その他