【 #ゲンロン友の声】USに25年ほど住んでいますが

<友の会入会者の声>
 USに25年ほど住んでいますが、東さんのtwitterでの発言で、日本の状況がすごくわかり感謝しています。震災で、日本という国が傷つくのを見かねて、なぜだかそれなりに「国」とか「パブリック」のことを考えるようになり、海外からボランティアもしています。(後、「たられば」ですが、震災が自民党政権で起きていたら、日本の政治的なながれは、今と全く異なる流れになったのではと、ちょっと夢想しています。) 個人の自由を重んじるところ、権威主義者が嫌いなところ、主義に凝り固まった人が嫌いなところ、などなど、人間関係、政治や文化に関するスタンスとして非常に近く共感できる部分が多いです。震災以来twitterでフォローさせていただいて、ゲンロンという会社や書籍を継続させていることへの経緯も含めて入会させていただきます。 よろしくお願いいたします。(国外・50代・男性)

 ありがとうございます。ぼくの無責任なつぶやきがどれほど日本の現状を伝えているのか心許ないですが、3.11以降、安易な行動主義、集団主義、そして(単に右傾化という意味ではない、もっと本質的な意味で)過去回帰の保守主義に流れてしまっている日本のなかで、なんとか独自のスタンスを貫こうと悪戦苦闘しております。ゲンロンは巻末に英語要約もつけており、決して国内の論壇に自閉しないつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。(東浩紀)
+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

コメント欄に表示する名前を入力してください。
コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

ゲンロンに寄せられた質問に東浩紀とスタッフがお答えしています。
ご質問は専用フォームよりお寄せください。お待ちしております!

注目記事

ゲンロン友の声・アーカイブ

ピックアップ

NEWS

関連記事