イスラームななめ読み(2)「イスラム」VS.「イスラム教」|松山洋平

初出:2020年9月15日刊行『ゲンロン11』

 イスラーム教について文章を書くときに、悩むことがある。それは、この宗教をどのように呼ぶかということだ。

「イスラムはイスラムだろう」と思われるかもしれない。しかし、現代の日本語では、キリスト教や仏教とは異なり、イスラーム教を呼ぶときに用いる言葉は統一されていない。

① イスラム
② イスラーム
③ イスラム教
④ イスラーム教

 
 大きくわけてこの四つの選択肢が存在する。

 ただし、呼称の選択を困難にする要因は、選択肢が多いということそれ自体にあるわけではない。今日、多くの論者が、イスラーム教を名指すときにどの呼称を用いるべきかという議論に与している。つまり、特定の呼称を採用することを正当化する議論がなされたり、特定の呼称を選択することに批判がなげかけられたりすることがある。特に、「イスラム」(あるいは「イスラーム」)に、「教」という文字を付けるか否かという点について、そのような議論が目立つ。

 いったい、「教」を付けないこと、あるいは付けることの何が問題となるのだろうか。

 

 そもそも、日本語では元来、イスラーム教を指すときには「イスラム」ではない別の言葉が使われていた。この歴史的前提から確認しよう。

 イスラーム教を最初に日本語で紹介したと目される人物は新井白石(1657‐1725年)である。彼はその著作中で、イスラーム教を「回回(の教)」、および「マアゴメタン」という言葉を使って呼んでいる★1。「回回」は、主に明代以降の中国において、イスラーム教を指して用いられるようになった言葉である。「回」という文字は、一説にはウイグル(回鶻・回紇)に由来すると言われる★2。「マアゴメタン」は、白石が尋問したイタリア人のキリスト教宣教師シドッティ(Giovanni Battista Sidotti:1668‐1714年)が発した言葉をそのまま書き取ったもので、「マホメット(ムハンマド)の信者」程度の意である。

 中国で用いられた「回回」は日本でも定着し、明治以降、実に昭和後期に至るまで、日本ではイスラーム教を「回回フイフイ教」、「回回宗」、「かい教」、あるいは「マホメット教」などの呼称で呼ぶのが一般的であった。

 これらの時代にも、カタカナの「イスラム」や「イスラーム」という言葉を使うことはあったが、その場合には、「教」の文字を付さずに書くことも実は少なくなかった。イスラーム教は、なぜ「教」の文字無しに表記されたのだろうか。

 これは私説であるが、その理由の一つは、「イスラム」や「イスラーム」が、あくまで外国語の単語をカタカナ転写した文字列として認識されていたためである。

 例証は多い。

 政府関連機関発行のイスラーム教概説書、日本人イスラーム教徒の著述、イスラーム教圏に関する新聞記事など、種々の媒体に書かれた多くの文章の中に、本論では一貫して「回教」表記を用いつつも、アラビア語の「إسلام(イスラーム)」や英語の「Islam」という単語を転写するときにのみ、「イスラム」・「イスラーム」というカタカナの文字列を登場させる例を確認することができる★3

 一例だけとりあげてみよう。初期日本人イスラーム教徒として有名な田中逸平(1882‐1934年)は、「回教」という日本語の単語に対して「イスレアム」(ママ)というカタカナのルビを振っている★4。田中は、イスラーム教について記述するとき、日本語の単語に対して、その単語に対応するアラビア語のカタカナ転写をルビで振る表現を好んでいた──たとえば、「礼拝の方向キブラ」、「真主アルラホ」、「白衣イヘレーム」、「教長イーマム」、「念珠テスビハ」(すべてママ)といった具合である★5。「回教」という言葉に付された「イスレアム」とのルビも、アラビア語のカタカナ転写と考えてまず間違いない。

 外国語として認識していたのであれば、「教」の文字を付さずに裸で「イスラム」と書く例が多かったのもまったく不自然なことではない。新井白石が、イタリア人のシドッティから耳にした「マアゴメタン」という言葉をあくまで外国語として捉え、「マアゴメタン(の)教」などとは記さなかったことと同じ理屈である。

 その後、「回教」という表記の使用頻度が下がり、「イスラム(教)」という表記が日本語の呼称として広く一般に用いられるようになるのは昭和後期になってからのことであった★6

 

 ところで、「回教」表記が支配的だった時代にも、また、「イスラム」表記が日本語として定着していった時期にも、多くの論者は、カタカナの「イスラム」という文字列に「教」の文字を付けるか否かという問題には関心を向けていなかった。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

ゲンロン、次の10年へ

『ゲンロン11』
安藤礼二/イ・アレックス・テックァン/石田英敬/伊藤剛/海猫沢めろん/大井昌和/大森望/大山顕/小川哲/琴柱遥/さやわか/武富健治/辻田真佐憲/中島隆博/速水健朗/ユク・ホイ/本田晃子/巻上公一/松山洋平/安彦良和/山本直樹/柳美里/プラープダー・ユン/東浩紀/上田洋子/福冨渉 著
東浩紀 編

¥2,500+税|A5判・並製|本体424頁|2020/9/23刊行

+ その他の記事

1984年静岡県生まれ。名古屋外国語大学世界教養学部准教授。専門はイスラーム教思想史、イスラーム教神学。東京外国語大学外国語学部(アラビア語専攻)卒業、同大学大学院総合国際学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。著書に『イスラーム神学』(作品社)、『イスラーム思想を読みとく』(ちくま新書)など、編著に『クルアーン入門』(作品社)がある。

注目記事

イスラームななめ読み

ピックアップ

NEWS

関連記事