ゲンロンサマリーズ(13)『イメージの進行形』要約&レビュー|円堂都司昭

初出:2013年2月12日刊行『ゲンロンサマリーズ #72』
渡邉大輔『イメージの進行形──ソーシャル時代の映画と映像文化』、人文書院、2012年12月
レビュアー:円堂都司昭

 

 
 

要約
映像圏とは
● インターネットやモバイル機器のソーシャル化、監視キャメラなど、視覚イメージの氾濫状態を映像圏と呼ぶ。
● ニコニコ動画のような膨大な有象無象の蓄積から、「作品」に近い「映画的なもの」が確率的に現われる。
● すべての人が監督や俳優になれるし、どの場所も映画館になりうる映像圏では、世界中が映画になりうる。
● グローバル資本主義や情報インフラの拡大に対応した文化現象である。
 
映像文化の現在
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』が典型的なように、ソーシャルメディアのコミュニケーションが映像圏を支える。
● 「踊ってみた」動画や初音ミクの流行など、身体性や情動性が前景化した事例が目立つ。
『クローバーフィールド』などの「疑似ドキュメンタリー」は、監視社会化で日常が記録化される現状を反映した手法である。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1963年千葉県生まれ。文芸・音楽評論家。著書に『エンタメ小説進化論 “今”が読める作品案内』(講談社)、『ディズニーの隣の風景 オンステージ化する日本』(原書房)、『ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ』(青土社)、『戦後サブカル年代記 日本人が愛した「終末」と「再生」』(青土社)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事