ウクライナ・ロシア 関連コンテンツ集

ゲンロンは、ウクライナとロシアについて、これまで多くの記事を公開し、イベントを開催してきました。昨今の情勢に鑑み、それらのコンテンツを集約し紹介する特集ページを作成しました。有料会員のみ閲覧可能な記事についても、期間限定で無料で公開しています。イベント動画のアーカイブはすべて有料です。
ゲンロンは、ウクライナとロシアについて、これからも独自の観点から情報を発信していきます。
関連記事
動 画
書 籍


思想地図β vol.4-1
『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』
東浩紀、井出明、津田大介、ドミトリー・ボブロ、アンドリ・ジャチェンコ、セルゲイ・ミールヌイ、アンナ・コロレーヴスカ、アレクサンドル・ナウーモフ、アレクサンドル・シロタ、イェヴヘン・マルケヴィチ、アナトーリ・ハイダマカ、開沼博、新津保建秀、速水健朗、上田洋子、尾松亮、河尾基、越野剛、小嶋裕一、徳岡正肇、服部倫卓、松本隆志、八木君人

¥1,400+税|B5|160頁|2013/7/10刊行

革命100周年に問う、共産主義崩壊後のもうひとつの現代思想。

ロシア現代思想Ⅰ
『ゲンロン6』
東浩紀、貝澤哉、乗松亨平、畠山宗明、松下隆志、アレクサンドル・ドゥーギン、アルテミー・マグーン、八木君人、今井新、石田英敬、ベルナール・スティグレール、プラープダー・ユン、黒瀬陽平、速水健朗、井出明、高木刑、大森望、福冨渉、辻田真佐憲、安天、海猫沢めろん、東山翔、マイケル・チャン、ジョン・パーソン、梅沢和木

¥2,400+税|A5|366頁|2017/09/05刊行

ロシア思想という「鏡」を使い、日本の読者と日本自身のあいだに「距離」を挟みこむ

ロシア現代思想Ⅱ
『ゲンロン7』
東浩紀、乗松亨平、平松潤奈、松下隆志、八木君人、上田洋子、マルレーヌ・ラリュエル、畠山宗明、アレクサンドル・エトキント、イリヤ・カリーニン、國分功一郎、千葉雅也、許煜、仲山ひふみ、佐藤大、さやわか、山下研、プラープダー・ユン、福冨渉、黒瀬陽平、速水健朗、辻田真佐憲、市川真人、安天、海猫沢めろん、東山翔、マイケル・チャン、クリス・ローウィー、ジョン・パーソン、梅沢和木

¥2,400+税|A5|372頁|2017/12/15刊行


第Ⅰ期終刊号
『ゲンロン9』
東浩紀/五木寛之/沼野充義/苅部直/大澤聡/先崎彰容/辻田真佐憲/土居伸彰/松下哲也/山本貴光/ミハイル・バフチン ほか 著
東浩紀 編

¥2,400+税|A5判・並製|本体382頁|2018/10/31刊行

批評誌『ゲンロン』第2期始動!

『ゲンロン10』
高橋源一郎/原武史/家入一真/桂大介/長谷敏司/三宅陽一郎/大森望/ドミニク・チェン/山本貴光/吉川浩満/高橋沙奈美/本田晃子/高山明/ユク・ホイ/イ・アレックス・テックァン/黒瀬陽平/速水健朗/海猫沢めろん/松山洋平/辻田真佐憲/東浩紀/上田洋子 著
東浩紀 編

¥2,400+税|A5判・並製|本体328頁|2019/9/26刊行

ゲンロン、次の10年へ

『ゲンロン11』
安藤礼二/イ・アレックス・テックァン/石田英敬/伊藤剛/海猫沢めろん/大井昌和/大森望/大山顕/小川哲/琴柱遥/さやわか/武富健治/辻田真佐憲/中島隆博/速水健朗/ユク・ホイ/本田晃子/巻上公一/松山洋平/安彦良和/山本直樹/柳美里/プラープダー・ユン/東浩紀/上田洋子/福冨渉 著
東浩紀 編

¥2,500+税|A5判・並製|本体424頁|2020/9/23刊行